トランプ大統領は何を学んだか?

アメリカの大統領選の山場の時期に
  トランプ大統領が
  コロナウイルスに感染したという
  衝撃的なニュースが
  世界を駆け巡った。

  トランプ大統領は
  幸い
  重症化することもなく
  最新治療を行い
  医師団の努力もあり
  異例のスピードで退院され
  業務に復帰された。

  トランプ大統領は
  今回の入院中
  「病院は学びの場であった」と
  語られた。

  僕も
  病気をして
  入院した時
  今まで感じなかったことを感じ
  様々な思いにかられ
  新たな自分に気づき、発見し
  入院したことは
  学びの場あったと今では思える

  病気をするということについて
  倫理法人会の創始者であられる
  丸山敏夫先生は
  「せっかく病気になったのに
   病気だけなおすのはもったいない。
   病気の多くは生活のひずみや
   こころのゆがみがからだに現れたもの。
   そことにきづかせていただいたことに
   感謝し、病気と一緒にそれを治そう」と
  述べられている。

  奇しくも
  昨日の新聞に
  世界の人口の1割がコロナ感染したという
  記事が載っていた。
  
  病気だけの問題だけでなく
  生活のひずみ、こころのゆがみが
  世界規模で拡大している?
  世界で人々は
  何を考え、行動しようと考えているのでしょうか?

  現代世界全体を見渡してみると
  先進国優位で
  考え、物事が運び、物質が回る
  一部の先進国のために
  世界は回っていないだろうか?

  最近よく聞かれる言葉
  ○○ファーストといってるけど
  本当に
  人々のしあわせを願って
  ○○ファーストになっているだろうか?
  心から○○ファーストを願って
  行動しているだろうか?

  医学者であられる
  村上和雄先生も
  コロナウイルス感染は
  サムシンググレイトからの
  大切なメッセージだと語られています。

  地球規模でたすけあうこと
  昔の人が病は気からと言ったように
  「国のリーダーがどんな意識
   国民。地球ファーストで
   政策を打ち出すかによって 
   その国が発展するかどうかがかかっている」と。
  コロナウイルスがメッセージを
  発しているように
  僕は思えるのです。

  早急に
  職務復帰したトランプ大統領は
  喜ばしいことだけど
  入院して本当に何を学ばれただろうか?
  大統領選挙のためなど
  ご自身の保身のためでないことを
  期待して
  トランプ大統領の今後を
  見守りたいと思います。

カテゴリー: 真実の医療 | トランプ大統領は何を学んだか? はコメントを受け付けていません

この世に無駄なものは何一つない

この世に存在する物には
 何一つ無駄な物はありません

 最近 
 人間の遺伝子の全配列が
 解明されました。
 これで
 色んな人体の謎が解明されるかと
 考えられましたが
 実際に解明されたのは
 わずか4~5%と言う状態です。

 遺伝子配列は
 DNAによってできていて
 DNAは細胞の設計図とも言えます。
 設計図がないと
 家を建てることはできません。

 でも今
 僕たちが持っているDNAの設計図の
 全体像はわかったのですが
 誰がその設計図を描いたのかもわかりませんし
 設計図をどう使えばいいのかも
 はっきりわからず
 日々過ごしていたような状態です

 人の膨大な量の設計図を
 全ていつも使っているわけではなく
 オン、オフをくり返しながら
 必要なときに動かし働いていることも
 わかって来ました。

 人体は
 小宇宙であると
 表現されます。

 宇宙の分野も 
 人体と同じように
 わかっているのは全体のわずか数%程度とも
 言われてます。
 わからない部分は
 ダークエネルギーと言われてます。

 広大な果てしない宇宙のマクロの世界と
 遺伝子のミクロの世界は
 似ている世界
 同じ構造だとも考えられます。

 遺伝子の95%はゴミ(ジャンク)だと
 考えられましたが
 その80%は必要なときに働くように
 コントロールしている
 スイッチがあることが
 最近わかってき
ました。

 わからないことだらけの人体。
 自分のからださえ
 実は知ることは難しいのです。

 からだは
 人体と魂との両輪で
 できていると僕は考えています。

 我々の命の設計図があるとしたら
 部品としての設計図と
 もうひとつ別に
 魂の設計図が存在するはずです。
 それについては
 現代を生きる僕には
 存在すら確認する術ももっていません。

 しかし神様は、きっと
 宇宙にも、そして人体にも
 無駄な物は何一つ
 作っていらっしゃっいません。

 だから
 人生にも
 例え病気の時でも
 慎重に観察すれば
 病気の時だから働く遺伝子があり
 必ず有益な方向に
 我々を導いてくれているのだと思います。

 人生に無駄な物、事は
 ないのです

 今日何が起こっても
 無駄なことではないのです。
 今日という日を大切に過ごしましょう。

カテゴリー: 真実の医療 | この世に無駄なものは何一つない はコメントを受け付けていません

禊の時

誰にでも
 生きている間には
 人生には山あり、谷あり
 必ず節目になるときがあります。
 
 病気になったり
 仕事がうまくいかなかったり
 人間関係でつまづいたり
 人生いい事ばかりでなく
 様々な悪いと思われることも
 起こります。
 
 そんな時
 昔から人々は
 「禊ぎの時」と考え
 神社で手を合わせたり
 お墓参りをしたり
 人によっては
 滝に打たれるなどの
 荒行をされることもおられることでしょう。

 そして
 現在も世界全体が
 コロナウイルスの感染で
 禊ぎの時を迎えいると
 考えられます。
 
 実は
 困ったことが起こった時
 禊ぎの時こそが
 自分自身を知り
 自分自身の運命を上昇させる
 チャンスなのです。

 困ったことがあると
 手を合わせ、目をつぶり神に祈ったり
 集中して荒行をするは
 自分自身を見つめ
 自分自身と対峙することで
 自分の心のなかにいる
 自分自身に内在する神と
 語り合うんです。

 自分自身と向き合い
 自分自身に内在する神と出会うことは
 運命を好転させる
 チャンスなのです。

 ですから
 人生の節目の時期に
 「なんで私がこんな目に」とか
 「なんてついてないんだろう」と
 嘆いてばかりで
 逃げていては
 運命は好転しないんです。

 僕も
 病気をしたことで
 それまで
 細切れにしか
 考えられなかったことを
 たっぷり時間があるので
 考えることができました。

 自分自身と向き合い
 自分自身と語り
 内在する神との存在も知り
 あらたな人生を
 出発することができました。

 禊ぎの時を迎えたときは
 不平不満を言っても
 何も変わりません。
 そして
 何も得ることのない一生を送ってしまいます。

 病の時は
 禊ぎの時です
 運命を変えるチャンスを
 逃さないで下さい。
 逃げないで下さいね

カテゴリー: 真実の医療 | 禊の時 はコメントを受け付けていません

山口百恵はやっぱり菩薩だった

 この週末テレビで
 山口百恵のさよならコンサートの模様が
 ノーカットで放映されたので
 拝聴した。

 さよならコンサートは
 今からちょうど40年前の10月5日
 日本武道館で行われた。
 当時僕は中学校3年で
 テレビに釘付けになり
 最後の「さよならの向こう側」を
 これで最後かと
 涙したのを思い出しました

 40年経ち
 僕もおとなになり
 どんな風に感じるだろうか?と
 楽しみにして
 コンサートをバッチリ録画して
 改めて観てみた。

 
 40年経っても
 美しいし、凜とした女性であり
 言葉一つ一つ大切にかみしめながら
 歌われる姿に
 40年経っても色あせない、
 パワーを持った女性の姿が
 そこにはあった。

 そして
 40年経ってみた山口百恵の
 色あせない美しさだけでなく
 百恵ちゃんが語る
 最後だから語った
 百恵ちゃんの本音の
 真実の言葉に心揺さぶられた

 「人は最後(死ぬとき)は一人かもしれないけど
  その時までにどんな人に出会い
  どんな風に過ごしているかが大事だと思います」
 「そのために、わたしは
  愛する人のために生き、愛される自分のために
  これからの人生をいきていきます。」
 「元気にしていたら、しあわせなことが待ってます。
  健康に産んでくれた母に感謝します」
 「多くのしあわせをのぞむより
  ひとつのしあわせをわたしは望みます。」

 そして
 「しあわせになります。ありがとう」と言って
 マイクをステージにおいた山口百恵。

  山口百恵の生き方を
  表してた言葉が
  ある時は歌詞として
  生言葉としてコンサート中に響き渡っていたと思う。
  
  歌手はあくまで職業
  プロの職業人としての姿勢は崩さず
  職業をしての責任を果たし
  感謝の気持ちを精一杯こめて
  最後の時を迎えたステージだと思う。

  でも
  山口百恵から出た言葉、ステージから感じた
  山口百恵として生きる今生の生き方は
  女性として生きる事を選び、
  女性性を全うするために
  生きていると思う。

  山口百恵が 
  大事にした女としての生き方
  今生で選んだ女性としての生き方
  今の時代からみると
  女性蔑視、時代錯誤なんて
  言う人もいるかもしれないけど
  女性としていきたいと考え、
  生きている姿は
  女性にしかできない事を 
  大切にした、男にはできない
  立派な生き方だと思った。

  ある方が
  「山口百恵は菩薩である」と
  称していた。

  さよならコンサートで凝縮された
  山口百恵の仕事ぶり、生き方を垣間見て
  僕も、山口百恵は現代の菩薩
  現代にに必要なことを教えてくれる
  女神なんだと確信した

カテゴリー: 真実の医療 | 山口百恵はやっぱり菩薩だった はコメントを受け付けていません

不安にあおられない方法

最近のニュースは
 いいニュースはほとんどなく
 コロナが増えている
 芸能人が自殺した・・・など
 ニュースを見る度に
 心かき乱されている方も
 多いのではないでしょうか?

 ニュースをみて
 ネットでは
 簡単に自分の意見を匿名で発信でき
 感情の負の連鎖に巻き込まれ
 益々、感情が揺さぶられ
 不安や恐怖が増されてしまう方が
 多くなっている気がします。
 
 僕は
 このような記事をみると
 自分は試されいる
 不安に駆られないか
 どんな状況でも正しいことを見る目を養う
 お試しのように感じるのです。

 ニュース記事は
 出来事を伝えるだけでなく
 記事を書いて人や
 意見している人の
 感情を載せて発信されています。
 感情は波動エネルギーを持っているので
 すぐ
 人から人に
 その人の感情が伝わっていきます。

 その時に
 感じた思いは
 あなたの感情ではなく
 書いた人の感情を受け取っているのです。

 あなたの気持ちではない
 あなたはその感情を受け取りたくなかったので
 不安や恐怖にこころが固まってしまうのです。

 結局
 そのような記事を読んでいるあなたは
 自分の外のこと、気持ちなんです。
 自分の内側にある本当の気持ちでは
 ないんです。
 
 そんな時こそ
 外のことに意識するのではなく
 自分の内なる声に
 耳を傾けて欲しいです。

 簡単に色々な情報がとれますが
 全ての情報をシャットアウトして
 自分の内なる心と対峙し、語り合ってみる
 すると
 あなたが今必要なこと
 やるべきことが見えてくるでしょう。

 そして
 内なる声が
 記事に対しての
 真実の姿を教えてくるでしょう。

 そんな風に
 内なる声に耳を傾けていけば
 自分自身の行動に対して自身がつくようになります。

 外部の声に揺さぶられない
 強い気持ちを
 誰もが持っているのだと思います。

カテゴリー: 真実の医療 | 不安にあおられない方法 はコメントを受け付けていません

過去世

最近精神性
 いわゆるスピリチュアルなことに
 興味を抱くことが
 増えてきてるような気がします。

 僕も
 そのひとりで
 ずっと西洋医学一辺倒
 つまり精神性をあまり重んじてはいませんでした。
 それが
 20年前開業して
 色んな人との出会いがあり
 少しずつ考え方がかわり
 今回の入院で
 精神性の真実を確信するに至りました。
 
 一昔前なら
 医者なのにあんなこと言ってと
 不思議がられてたことでしょう。

 時代は変わり
 現在は
 明らかに物質中心の世界から
 変化が来ています。

 そんな時代の中で
 最近よく耳にするのは
 過去世について。

 わたしは○○の生まれ変わり
 僕はこのカルマを解決するために
 生まれ変わってきた・・・などと
 過去世について
 口にする方も増え
 そんな台詞をきいても
 びっくりしならなくなりました。

 ちなみに
 僕の過去世は・・・・
 まったくわかりません。
 興味はあるけど
 敢えて知ろうとも思いません。

 その理由は
 人にとって
 本当に大切なことは
 過去にあるのでなく 
 今生きている姿、事実にあることに
 あると思ってるからです。

 確かに
 人は過去のカルマから学んだことから
 成長するために
 この世に生まれてきているのでしょう。

 ですから
 過去の自分のことが少しでも知ることができれば
 今生きていること
 今起こってることの境遇に
 納得できるかもしれません。

 でも
 過去は過去でしかありません。
 過去で学んだ自分の上に立って
 今の学ぶべきために生まれてきた
 自分がいることを
 自覚しなければならないのです。

 人はとかく
 いろんなことの意味を
 知ろうとします。
 
 そのために
 様々な占いをみたり
 霊能者に頼ったりしがちです。
 そして
 いつの間にか
 興味本位の目で
 人を見てしまいがちになっています。

 学ぶために
 僕たちは現世に生まれてきた。
 のが事実だとしたら
 過去がどうであろうと
 今起こってること
 今生きている時間を大切に 
 逃げずに真剣に
 今を生きることが大事なんだと思います

カテゴリー: 真実の医療 | 過去世 はコメントを受け付けていません

古事記に書かれていた科学の真実~天之御中主神(アメノミナカヌシ)の意味とは

 日本に伝わる古文書には
 実は宇宙創世の秘密が
 書かれているということを
 書きましたが
 古事記などの古文書には
 これから解明されるであろう
 科学のことが書かれています。

 古事記に最初に
 天之御中主神(アメノミナカヌシ)という神様が
 登場します。

 この神様は古事記の最初にしか
 登場しません。
 その後には存在も忘れてしまいそうなほど
 名前だけの登場ですが
 とても重要な神様なのです。

 天之御中主神は
 大宇宙の中心を司り
 至高至純、自由、円満、光明、清純の神だと
 考えられています。

 宇宙創世した偉大な神のひとりだと
 言うことです。
  
 その偉大な神様の力、働きが
 次に出てくる
 高御産日神(タカミムスビノカミ)と
 神産巣日神(カミムスビノカミ)という
 名前で表されています。
 
 高御産日神は精神、霊、超越を司る神
 神産巣日神は物質、肉、内在を司る神
 そして
 天之御中主神は、この二つの存在を
 結合、調和させて
 完全なる一致させている
 神であると昔から考えられていたのです。

 つまり
 天之御中主神こそが
 物質と精神、心とからだ、平和、安楽
 生活、思想、政治、経済など
 全てのものを結びつけ、調和させ
 この世を安定させている神様なのです。

 ここで
 神様を信じるかどうかは別として
 現代科学の中、現代を生きる人々にも
 憶えていただきたい力の秘密が
 神様の名前の裏に
 隠されている気がします。

 この世は 
 精神と物質の調和
 つまり
 目に見える物と見えない物を結ぶことで
 生成発育発展している世界である
 ことはまちがいないと思います。

 そのことは
 量子力学の発展により
 波動などのエネルギーとして
 説明され
 理解される方が増えてきました。

 この世の
 あらゆる「物」の本体は
 (波動)エネルギーであると
 考えられます。

 僕たちのからだも
 例外ではありません。 
 
 人の体を作っている
 60兆個ある細胞の中心は
 原子核であり
 原子核と電子の結合体であります。
 そして
 細胞一つにとどまらず
 地球上すべてのものは
 元素と元素が結ばれてできあがっています。
 酸素も、水もそうですよね。

 ですから 
 全ての物の本体は
 物と物とが結び合ってできています。
 そしてその
 結合力のことを分子間力とも
 現代のひとは言っているし
 昔の人は
 天之御中主神と言っていたのでしょう

 最近の量子力学では
 中性子、陽子、陰師に分けられることがわかりました
 このことも
 神様の名前として書かれています。

 高御産巣日神は陽子(遠心力)
 神産巣日神は陰子(求心力)
 そして
 この二つの力を結びつけているのが
 天之御中主神は中性子だと
 言うことなのです。

 ちなみに
 天之御中主神、高産巣日神、神産巣日神
 のことを造化三神と言われて
 元を作られ三神として古事記に書かれています。

 じつは
 造化三神って
 原子核をつくっている
 中性子、陽子、陰子のことだったんですね。

 力、エネルギーによって
 この世の全てはできていると
 昔の人の人は知っていて
 それを
 現代人にまで
 わかりやすく伝えてくれてたのでしょう。

 また
 力が作用するときは
 必ず振動が生じることもわかってきました。。
 振動は音でもあります。

 聖書の人類創世記に
 最初に言葉があったと書かれています。
 言葉=音
 エネルギーが生まれたことを
 いっているのではないでしょうか?

 なぜ?言葉が最初に書かれていたのか
 不思議だと思いましたが
 実は聖書も
 古事記と同様なことが書かれていたんですね。

 古事記も読見とけば
 真実が書かれていますが
 聖書にも、色々考えさせられることが
 実は書かれているんですよ。

 聖書についての話は
 またの機会に

カテゴリー: 真実の医療 | 古事記に書かれていた科学の真実~天之御中主神(アメノミナカヌシ)の意味とは はコメントを受け付けていません

宇宙を創生したのは誰?

前回ブログで
 宇宙からのエネルギーで
 僕たちは生きることができる。
 そして
 宇宙の法則について
 僕たちは何も知らないと書きました。

 確かに
 宇宙がどうやってできたのか
 地球がどのようにでき
 人類や生物がどのようにして
 うまれてきたなんって
 進化論なんど様々な学説はあっても
 本当のところは
 まだ誰もしらない状況です。

 でも全世界にある
 昔からの神話や
 言い伝えには
 この世のはじまりの世界が描かれています。

 日本でも
 古事記には
 神様が次々に
 日本の国を造り
 人を生み出した話から始まります。

 神様の名前が羅列されて
 科学になれた現代人にとっては
 名前だけの羅列だけでは
 読み進めるのが苦痛になってしまいます。

 古事記は古いと言っても
 700年ぐらいに編纂された書物
 実は
 古事記より古いと言われる
 竹内文書といわれる古文書があることを
 知りました。

 そこには
 古事記の記述と被る部分がりますが
 キリストが日本に来ていたなど
 ちょっとトンデモ書物と思われても
 しかたない古文書なんですが
 そこには、古事記より詳細に
 宇宙の創世、人類の創世が神の名前と共に
 書かれてあります。

 神の名前と
 今わかっていることで
 神の名前を読み解くと
 真実かもしれないことが
 見えてくる気がしたので
 少し紹介したいと思います。

 宇宙の始まりは
 なにもない”無”の世界から始まります。
 その無の神様の名前は
  元無極体大御神(もとふみくらいおおみかみ)
  別名(元主御くらい大御神)

 そして無の世界から
 宇宙を創世した神 天之御中主神が現れます。
 この神様は、古事記でも
 一番最初に名前だけでてきます。

 その後、200億年前の世界
 5柱の神様が登場します。
 音の神様、重力の神様、光の神様温度の神様
 そして生命誕生に関する神さま(ウマシアシカビヒコジノカミ)
 つまり
 何もなかった物から、
 星の原型となる状態ができあがったと
 考えられるのではないでしょうか。

 この時代は
 きっとまだ物質はない世界だったと思うので
 神様も物質ではなく、
 魂のような生命体と思います。

 そして100億年前
 天常立神(アメノトコタチノカミ)の時代に成り
 星が誕生し、銀河系も形成されました。

 星が次々できあがり
 国常立神(クニノトコタチノカミ)が登場し
 地球ができあがります。

 その時の地球はの表面は
 マグマの海の状態で
 地球に無数の隕石が飛来してたようです。
 地球の原型ができたのは
 80億年前のことと考えられます。

 次に
 豐雲野神(トヨクモノカミ)が誕生して
 地球に大気が生成され、雨が降り続いて
 地表の温度が冷めてきました

 そこに
 海水の神であるウヒジノカミと
 海底の神であるスヒジニノカミが現れ
 泥の海と土ができました。

 そして
 35億年前いよいよ生命の誕生です。
 最初は酸素がなくても生きられる
 嫌気性菌が誕生したようです。
 
 海の中では
 生命体が動物と植物に分かれ
 大斗能地神と大斗乃弁神が生まれました。
 これは
 地面が地表にでて
 大陸が生まれたことを表しています。

 そして陸地ができる5億年前に
 両足神(オモダルノカミ)とアカシコネノカミがあらわれ
 生物が陸上に進出するのです。

 考古学では
 ここまでが「先カンブリア時代」
 6億年前からは古生代、カンブリア紀となります。

 竹内文書の神様の名前と
 科学で証明できる現象が一致できるって 
 不思議ですよね。

 竹内文書だけでなく
 古事記や地域に伝わる神話にも
 科学で証明できない事実を比喩として
 語られたものなのか・・・・
 それとも、やっぱり
 神様って存在知るのでしょうか?

 証明できないことだから
 ロマンを感じますよね。

 古事記も是非読んでみて下さいね。

カテゴリー: 真実の医療 | 宇宙を創生したのは誰? はコメントを受け付けていません

病は気づきの宝庫~病気の時も呼吸を意識して~

僕たちは
  24時間365日
  休むことなく
  意識することもなく
  呼吸をして生きています。

  あたりまえのことだけど
  呼吸はとても大切な行為。
  
  例えば
  数日間飲まず食わずでも
  人は生きることができます。
  でも
  空気がないと
  数分で
  生きることができなくなります。

  そんな大切な呼吸を
  寝ていても
  意識せずにできていることって
  とても有り難いことだと
  思いませんか?
  
  日頃
  息をしていることを
  意識していますか? 
  当たり前すぎて
  息をしていることさえ
  忘れていませんか?

  そして
  呼吸は無意識の中で出来るだけ出なく
  意識しても行えます

  意識して
  大きく息を吸ったり吐いたり
  胸いっぱい吐き出したり
  意識して呼吸することも可能です。

  呼吸を意識して生きて過ごしてみると
  からだを変えることができます。
  自分の吐く一息一息を
  しっかりとらえ、感じることで
  自分が今こうして生きていることを
  確認できます。
  生きていることを感じることって
  とても大切なことだと思います。

  とかく、僕たちは
  健康であるときは
  まるで、息なんてしてないかのごとく
  日々過ごしていないでしょうか?

  しかし
  病んで、痛みを持った時始めて
  息をして生きていることを
  強く感じ始めるのです。

  当たり前と思ってたことが
  当たり前でないと。

  健康の時に気づかなかった
  大切なことにきづくことって
  病気をして気づくことって
  とてもたくさんあります。

  ですから
  実は病気になることって
  決して悪いことではないんです。

  神は
  病気の時でさえも
  気づき学べるという宝を
  準備してくれていたんです。

カテゴリー: 真実の医療 | 病は気づきの宝庫~病気の時も呼吸を意識して~ はコメントを受け付けていません

困ったことの多い今だから学ぶこと多くあり

お釈迦様は
 王家という恵まれた環境の中で
 何の苦労することなく
 生まれ育ったそうです。
 
 そんな中
 ある日城の外に出たとき
 心が揺さぶられるような
 経験をされました。
     
 お釈迦様は
 城の外で暮らしている姿
 つまり
 病んでる人、生活に苦しんでる人
 生活の貧しさにあえぐ人
 そして
 死を迎えゆく人々を見て、感じて
 この世の無常
 命のはかなさを感じて
 家を捨て
 豊かな身分、生活を捨て
 身ひとつで
 出家したと言われています。
 
 お釈迦様は
 この世に起こる
 あらゆる事柄の中にこそ
 学ぶべきことがあると
 確信されたんだと思います。

 富んでいるときには
 わからなかった
 病んだときに感じる気持ち
 その時にこそ
 学ぶべきこと
 悟ることがあることを
 知ったんだと思います。

 人は
 何とか成功した人生を歩もうと考えて
 生きようとしてます。
 でも、僕は
 この世に生まれてきた目標、目的って
 名誉や豊かさを得ることが
 成功することじゃないんじゃないかと
 思います。

 病んだ時でも
 貧しい時でも
 そして
 例え
 成功した時にでも
 あなたは何を感じるでしょう? 
 あなたが望む、望まないに限らず
 どんな時でも
 あなたがどう感じ、思い
 その状況を受け入れるか・・・
 その思い全てが
 魂の成長につながる。
 

 物質的な物に囲まれ
 経済優先の世界で
 僕たちは
 大切な物を学ぶために
 今、この世を生きているんだと
 思います。

 今日どんなことが起きても
 悲しくても、つらくても
 楽しくても、うれしいことでも
 今日起こる出来事を
 謙虚に素直に受け入れて過ごしていきましょう

カテゴリー: 真実の医療 | 困ったことの多い今だから学ぶこと多くあり はコメントを受け付けていません