夢が叶う世界

誰もが知りたくても
知り得ないもののひとつに
死後の世界がある。

誰もが
確実に経験する世界だけど
生きているうちには
経験することはできない。
そして、死後の世界を経験した時には
そのことを誰にも伝えることはできない。

自分で死ぬまでは
経験するまでは
経験できないけど
必ずいく世界だから
興味は湧くし
想像の翼は広がる。

これは
僕だけの思いだけでなく
みなさんもそうだろうし
今すでに死後の世界を経験している人も
生きているときは
きっと知りたくてたまらなかった世界だろう。

死後の世界の興味があるから
仏教、キリスト教などの
宗教が発達したのも
頷ける。

でも、時々
死後の世界をみたといって
語る人や、本にであうことがある。

先日
喜多良男作「死帰」という本を
たまたま手にした。

その本には
死後の世界についてのことについて
事細かく書いてあった。
どこまでほんとで、信じていいかの基準は
全く読んだ人で異なると思うけど
そうかも?と思えることがあったので
少しずつ僕の感想も含め
紹介しようと思う。

そこには、死んだ後
こうなると書いてあった。

生きているときの願いが全て叶うのだと。
例えば
画家の人は、
生きているうちには
出会えなかったほどの美しい風景に出会い
今までかけなかったほどの美しい絵がかける世界だと。
もし、音楽家なら
これまでこんなに美しく演奏したことがないほど
自由に楽器を演奏することができる世界。
つまり
こうありたいと思う
理想の自分になれる。

と書いてあった。
それを読んだとき、ふと
ある著名なピアニストの
辞世の言葉を思い出したのです。

そのピアニストは
ご臨終の時に
「ラフマニノフもバッハもモーツアルトであっても
どんな作曲家の曲でも
美しく弾くことができる奏法がわかったの」

もちろん、
そのみつけた演奏を実際に
僕たちは聞くことはできないのですが・・・
僕が思うに
そのピアニストは
生死を彷徨いながら
ある瞬間死後の世界に生き
願いが叶ったのだと思います。
どんな音楽であっても
満足に美しく弾けたと。

この本を読んだときに
この言葉を思いだし
生きている時に願った世界なんだ
死後の世界は・・・と確信したのです。

でも
それで完結するのではなく
続きがあるのです。

それについては、次回に

カテゴリー: 真実の医療 | 夢が叶う世界 はコメントを受け付けていません

松果体の働き

湯川秀樹博士によってはじまった
量子物理学は
目に見えない現象のことを
解明していっています。

量子物理学の根本にある事実は
全てのものには
エネルギーがあり
その全てのものには固有の振動数があるという
発見でした。

声や音は当然振動していることは
わかっていましたが
全てのものに固有の振動数があるということは
全ての細胞も振動している
ミクロの世界だけでなく
宇宙も振動しているし
喜怒哀楽という感情にも
固有の振動数があるというから
ここまでいわれると
なんだか不思議な感覚になりますが

1970年頃から
東ドイツやロシアで研究が進んで
からだの様々な臓器にも
固有な振動数があることがわかってきました。

からだだけでなく全てのものには
エネルギーをもっていて
そのエネルギーがあるから
全てのものがこの世に存在することができるのです。

また
そのエネルギーの源は
宇宙から振り注いでいます。
そのエネルギーは、人間だけでなく
地球全体のすべてのものにに振り注いでいて
とても強力なエネルギーだろうと
想像できます。
その強さは。原子爆弾どころではないほど
強力なものだと思います。

その強大なエネルギーを
直接うけいれてしまうと
その強大なエネルギー力に
破壊されてしまうことでしょう。

しかし
その強大なエネルギーを受け取り
生きる源として利用して
生きていけるのは
脳にある松果体といわれる
小さな内分泌器官があるからだと
言われています。

松果体の機能については
まだはっきり解明されていませんが、
鳥でいえば体内羅針盤
動物でいえば体内時計のような働きをしているといえば
イメージしやすいのでは
ないでしょうか?

つまり
人間の松果体は
変圧器のような役目をしていて
宇宙から受ける強いエネルギー、情報を
からだに負担がかからないように弱く変換して
からだに流していると考え
その松果体からのエネルギーの流れを
分析したのがメタトロンなのです。

メタトロンが
松果体からのエネルギーを測定している証拠は
メタトロンが
チャクラを測定できること。
松果体は、チャクラで言えば第6チャクラを測定できること。
第6チャクラは昔から
第六感といわれたり
サードアイ、第3の目ともいわれ
高レベルのからだの波長やエネルギーを
だしていると考えれており
それが松果体によっていたこと。
その松果体にアプローチできるのが
メタトロンだと言うことなのです。

松果体については
まだまだわからないことも
多いですが
メタトロンを利用すれば
松果体や人間の持っているエネルギーが
解明されていくことでしょう。

そして、メタトロンは
ひとりひとりのこれからの人生を
健康で明るく過ごせることを
応援してくれることでしょう。

カテゴリー: 真実の医療 | 松果体の働き はコメントを受け付けていません

文明

コロナウイルスのパンデミックに揺れる世界
その中
日本の舵取りをする
新しい総理大臣が誕生する。

今の世の中
パンデミックの影響からなのだろうか?
世の中は分断され
閉塞感が充満してきて
このまま進めば、どんな世界になるのか
とても心配な状況です。

これまで進んできた
ある意味白人中心の文明世界の
限界に向かっているからなのか?

最近日本人、レッドマンの
古代の人々の
文献を通して知った
声にならない声を感じ
特にこれまでの文明に対する
疑問を感じることがある。

いまそう思うのは
これまでの文明が発達した根本にあるのは
拝金主義に行きつくのでないでしょうか?

レッドマンは
“文明”とは
人間がひとりで生きていくのをやめて
他の人間、家族と生きていくことを決め
大きな共同体を作り
この共同体とともに個人をも
維持するためのシステム作り
ではないのでしょうか?

それがお金儲けのためにと
その目的ににすり替わってしまったのが
現代文明の姿ではないでしょうか?

まだ文明の発達してないから
どんな文明を作りたいかを
みながこころで感じてたような気がします。

どんな文明を描いたのでしょうか?
僕は、こう思います。

1自分の生きていく権利を侵害せず
隣人の権利と共に保障してくれている
2弱者に対して、守る力が働いている
3罪を起こしたものに、公正な裁きが行われる
4市民に対しての生活を第一に掲げているか?
5ひとりひとりの考えを尊重できる素養があるか?
6衣食住など人間としての尊厳を保障してくれている
7まじめに生きる人が活かされる社会であること
8物質だけでなく、その中に含まれる精神性も
目に見えない価値あるものにも気づけるか?
9強権的な公正よりも、どんな時にも思いやりのこころを
大事にしているか?
10病人、障害者、老人、身寄りのない人などにも
安心して過ごせる社会であるか?
11家族を大事にしている社会であるか?

こんなことを目指した社会を
古代の人々は目指した社会、国作りは
まだまだ途中段階のような気がします。

彼らの思いが、これからの
社会、国作りに役立つことを
願って、今を生きる我々を
見守ってるのかもしれません。

カテゴリー: 真実の医療 | 文明 はコメントを受け付けていません

レッドマンから引き継ぐ道

昨日紹介したレッドマンの生き方の本を読むと
現代人にも伝えてくれる
大切なことを教えてくれていることに気づきます。

科学の進んだ現代にも
医学の技術がなかった
真の医療を教えてくれます。

レッドマンの時代は
シャーマンと言われる
病気治しの術をえた人が
治療に当たっていたようですが
能力の高いシャーマンでも
近代の医学生理知識はなく
生活の中において直感によって
行われたようです。
ですから、その治療法は
マッサージ、蒸し風呂、泥風呂
鉱泉、樹皮の煎じ薬、日光浴
そして信仰の力などであり
現在でも行っているものでもあります。

そして、病気にならないための
生活法を伝えています。
それは

正しい姿勢、深い呼吸、適度な日光浴
適度な量と適切な食材の正しい食事
清らかな水と清浄な大地
適度な運動
性エネルギーの節制

精神的には
瞑想、祈り、慈悲のこころ
明るさ、快活さ、笑い
物事を清らかな目で見つめ
そして清らかな行為をおこなうこと

だと伝えています。
現代にも通じる
みなさんにも心がけてもらいたい
内容ですよね。

昔の人の生活の知恵を
証明することが
現代の科学の仕事なのかもしれませんね。

カテゴリー: 真実の医療 | レッドマンから引き継ぐ道 はコメントを受け付けていません

レッドマンのこころ

レッドマンとは
北米大陸に住んでいた先住民族
俗に言うインディアンのこと。

インディアンは
コロンブスがアメリカ大陸を発見してから
白人からの
侵略、略奪などの悲しい歴史がある
悲劇の民族だと
少しあやふやな知識しか持ち合わせていないけど
写真で見る
インディアンの風貌は
どこか我々東洋人的であり
1万年前にベーリング海峡を渡って
アメリカ大陸に住みついた民族とも言われ
だから
我々日本人いや東洋人風貌を持ち合わせているのだと思った。

そういえば
前世はインディアンだったという
著名なスピリチュアルな方の話も
たびたび耳にすることもあり
心ひかれ、いつかは詳しく触れてみたい
と思っていたのが
インディアンでした。

そんな時
偶々手にした本が
あの動物記で有名なアーネスト・シートンが書いた
“レッドマンのこころ”という本です。

この本では
インディアンの様々な種族の酋長の
生の言葉が散らばっている

そして
そこから発せられる言葉の数々は
日本人のこころの中に
しみこんでいる考え方にも通じる
共通のものが感じられ
同じ祖先
かつては同じところから生まれた同志である
気がしてなりません。

ここに
レッドマンのこころの一部を抜粋紹介
しようと思います。

1唯一絶対の大霊が存在する。
大霊とは、万物の創始者であり支配者である。
我々はその分霊としての存在である。
それは人間だけでなく、全ての動物も植物も
山も川も風も雲も雨も全てのものである。

2人が第一にこころがけねばならないこと
それは人間として円満な資質を身につけること。
それが人間の全ての器官とエネルギーを
正常に発達させ、
人として満足に使えるようにならなければならない。
すなわち
肉体的に。霊的に。そして人のために役立つ
資質をもつようになることが
成人となることである。

3成人としての高度な資質を身につけたら
その資質を部族のために
捧げなければいけない。

4人間の魂は永遠に不滅である。
いつこの世にきて、去った後いずこへいくかは
誰にもわからない。
しかし、いよいよ死期が近づいたら
次の生活の場へと進んでいくということを
知っておくべきことである

これらは、4つの教訓と言われ
すべてのレッドマンのこころに根ざした考えであり
これを元に
12の戒律があるそうです。

①神はただひとつ
大霊がおわすのみと心得よ
②大霊は形あるものとして描いてはならない
③言葉の信義を神聖に保つことーうそはいけないー
④祭日などの習慣を守ること
⑤父母を尊敬しなさい
⑥殺人を犯すべからず
⑦思考と行為によって常に純潔であれ
⑧盗むべからず
⑨必要以上の富を蓄えてはならない
⑩健康に有害な火酒類に手を出すな
⑪常に清潔に心がけるべし
⑫自分の生活を大切にしなさい。

この信条をもとに
レッドマンは生きてきて
どれも我我日本人であっても
受け入れられることである。

より生きるための生き方などについても
記録されていたり
ホワイトマンに侵略されたけど
その時にも
信念を変えず、ホワイトマンの信仰、文明に
対する考え方も核心に触れる点があり
現代に生きる我々が
レッドマンの生き方に学ばなければならない点も
多いと感じました。
今後ブログで紹介しようと思います。

カテゴリー: 真実の医療 | レッドマンのこころ はコメントを受け付けていません

日本独立

いきなり主張の強いタイトルに
びっくりされたかもいるかもしれませんが
僕は右翼でも、軍国主義でも
ありませんので、ご安心下さい。

これは
昨年公開された映画のタイトルで
お休みの時に観た映画なのです。

なんでこの映画を
観る気になったのか?
確かに
最近真実の歴史を知りたくなっているのは
事実で
なぜ、戦争してしまったのか?
戦争を回避することはできなかったのか?
その戦争に進んだ事実と向き合うことで
これからの地球人として
世界中のみんなが平和に過ごせる
ヒントがないだろうかと
今まで目を背けてきた
戦争に目を向けるようになったです。

それと
この映画のパッケージを観たときに
白洲次郎氏、正子夫人に
焦点を当てた映画であることも知り
お二人の人生に触れられると
観た次第です。

この映画は
現在の憲法ができるまでの
人間模様が描かれています。
白洲次郎氏がGHQと内閣の間に入って
通訳として活躍したこと
GHQの思惑
日本が日本国であろうと苦心していた
姿が描かれていました。

今総裁選挙が告示され
4名の候補者の中から
確実に1名が100代目の総理大臣が
選ばれます。

今まで
4名がそろった政治討論番組で
意見を発言されているのをみました。
考え方は様々ですが
コロナ対策、経済の立て直し、
年金問題、雇用の問題など問題は多岐にわたり
この国の舵取りの難しさを
しっかり見極めなくてはと思います。
いつも、国の未来を考えるときに
防衛問題そしてそのいくつくさきは
憲法改正に行きつきます。

安倍政権時代に
安倍総理がどうしてもやり遂げたかった問題
憲法改正。
どうして、そこにこだわるのか?
祖父である吉田茂首相からの念願だったとも
言われてました。
安倍元首相が
祖父である吉田元首相のどんな思いを
引き継いでいるか
この映画をみて
少しわかった気がします。

今の憲法が
当時の日本の思いを反映した憲法ではない
だからこの憲法を
日本人の手に戻して
日本人の手で日本人による日本人のための
憲法を作ろうという
吉田首相からの
今となっては怨念に近い思いを
安倍首相は引き継いでいたことが
はっきり実感できました。

でも、戦後76年も経ち
人々の考えも変わり
世界も変わりました。

その時吉田茂首相をはじめ
憲法学者が考えたものに変えたとしても
日本が平和になるとは
僕には思えないのです。

戦争・・・という言葉のが
過去の遺物
文学や歴史の中でだけ
生きているようにするためには
世界全体を見渡し
いえ、地球だけでなく
宇宙的視点で考えていく
発想の転換が必要のような気がします。

そこにいち早く気づいた国が
これからの地球を引っ張っていきましょう。
そのために
過去を直視し、これまでの歩みを振り返り
利益追求だけにこだわらない
真の平和を描いて
ひとりひとりが
日々大切に生きていくことから
始まる気がします。

カテゴリー: 真実の医療 | 日本独立 はコメントを受け付けていません

人が老化する理由②

前回のブログで
老化するのは
からだにエネルギーを供給している
からだに密着している
エネルギーの層エーテル体が
からだから少しずつ離れていく
エネルギーの供給量が
減ってくるからという話をかきました。

つまり
からだとエーテル体の間で
行われていた
エネルギー交換が滞ることになり
エネルギーが入りにくくなるだけでなく
体内のエネルギーが
エーテル体の方に移動しにくくなり
余分なエネルギーが
体内にたまることになります。
エネルギーが体内にたまると
どうなってしまうのでしょう。

からだの中で行き場のなくなった
エネルギーは
例えば目にたまったエネルギーは
医学的には
レンズが濁ってきて
白内障になってきたり
焦点が合わない、特に近くの焦点が合いにくなるという
いわゆる
老人性白内障、老眼などの
診断がつくでしょう。

これは
目の中にエネルギーがたまっているので
目に見えるものを見るのでなく
肉眼では見えないものを見る
いわゆる霊眼に近づいているからなんです。
耳にエネルギーがたまると
実際に聴力が落ちていき
難聴になることがあります。
それは真の声を聞くことにつながります。
脳にたまると
今生きている感覚よりも
こころから感じるものを意識するように
なるんですよ。
これを人は認知症などと
言うかもしれませんが
年取っての変化は
エネルギーがもたらした
変化なんです。

そして
身体中にエネルギーが充満されたときに
人は死を迎え
肉体が滅んだ後
エネルギー体として生きていけるように
準備しているんですね。

ですから
年取っての変化に
衰えたと嘆くことはないのです、
あるべき自分に戻るための
準備をしているため。
だから、安心して
受け入れてください。

カテゴリー: 真実の医療 | 人が老化する理由② はコメントを受け付けていません

人はなぜ老化する?

年を重ねると
若い頃に比べると
皺、白髪が増えたり
足腰が衰える
物覚えが悪くなり
物忘れも多くなり
肉体的にも精神的にも
様々な変化が現れる。

死と同様
老化も避けられないものだけど
何とか避けようと思い
見た目、老化を感じさせない
芸能人のまねをしたり
医学界でも
アンチエージングが花盛り。

死もそうだけど
老化にもそれなりの意味がある。
なぜ、老化するのか?
目に見える肉体的変化だけを
見るのではなく
エネルギーの点から考えると
老化する意味が
わかりやすくなるので
エネルギーの観点から老化について
考えてみたいと思います。

からだの周りには
エーテル体という
エネルギーの層があり
そこからエネルギーが供給されている
と考えられています。

このエネルギーは
肉体に接触することで
肉体にも
活動するための力を
供給しています。
しかし
年をとると
肉体とエーテル体との
密着度の距離が広がり
肉体とエーテル体との間に
解離され
エネルギーの供給量が
減少していくのです。

この供給量のエネルギー量の低下が
老化という現象を生み出す
原因なのです。

またこのエネルギーの低下は
遺伝子の設定状況などに影響され
個体差が大きいとも言われており
そのために
同じ年齢でも
人によって
ふけ方が違うのです。

老化はエネルギーの供給量の低下
によるものなので
芸能人やよく紹介されるアンチエージング法が
なかなか効果が現れないのも
個人差が生まれるのも
理解できるのではないでしょうか?

では
エネルギーの低下を防ぐためには
どうしたらいいのでしょうか?
低下したエネルギーは
どこにいったのでしょうか?

続きは
次回のブログで

カテゴリー: 真実の医療 | 人はなぜ老化する? はコメントを受け付けていません

からだはいつも変化して応援している

体調不良を治すために
自力やもってる自然治癒力では
対応できない状況になったとき
薬を飲んだり
手術をうけたり
西洋医学の力を借りることに
なるのですが
ずっと、薬を飲んでいると
薬を飲んだ状況でいいのだと判断して
それに適応しようとしています。

先日来られた患者さんは
出産後
子宮の病気が見つかり
ホルモン剤の治療を
約5年ほど前から開始していて
また挙児を望まれ
治療を中止し
それからからだの不調があり
サプリ、漢方薬を使うが
体調不良が改善しないと言うことで
来院されしました。

早速メタトロンを施行しました。
問題になっていた
子宮のエネルギー状態は
悪くありません。
エネルギー的に落ちていたのは
脳、脾臓、小腸でした。

子宮には問題なく
安心されたのですが
なら不調の原因は?
エネルギーの低下している
臓器はなぜ?
ということを
考えなければなりません。

脾臓は、リンパすなわち免疫の
親玉的役割があります。
小腸もあらゆる
こころの状態を安定させる
ホルモンが分泌している臓器。
脳は、意識とからだを繋いでる
臓器とも考えられます。

ということは
薬をやめたことで
からだをリセットするために
からだの状態を安定させるために
様々の免疫系、ホルモン系が
働いているんです。
そして、今の状況を作っているのは
意識、つまり自分自身の可能性も
あると言うことです。

ですから
今の不調の原因は
からだが患者さんの思いに対して
必死に適応して
変えていこうとしてる
頑張ってくれているからなんですね。

こんなにまで
自分の思いを叶えてくれるために
からだががんばる、応援してくれている
ということを知る
受け止めることなのではないのでしょうか?

そのからだのメッセージを伝えることが
僕の役割、そして
そのメッセージを受け止めて
生きることが
患者さんの役割だと思うのです。

カテゴリー: 真実の医療 | からだはいつも変化して応援している はコメントを受け付けていません

バイオリズム

メタトロンによって
現在の臓器をはじめからだの
エネルギー状態を
知ることができます。

でも
どのように宇宙から降り注ぐエネルギーを
これからどのように使っていったらいいかは
メタトロンだけではわからず
それまでの生活などから
考えていかないといけないのですが

今のご自身のエネルギー状態が
体内でどのような状態で使われ
これからどのように使われるかを
知る方法があります。

それがバイオリズムなんです。

受験生の方が
頑張っているのに
思ったように成績が伸びないことを
悩み
眠れず、食欲がなくなり
感情もあふれ涙をするようになったと
メタトロンを受けたいと受診されました。

早速メタトロンをしてみると
チャクラも経絡もツボの状態もよく
身体中に
いいエネルギーがあふれていることが
わかりました。

それなら
今の状況は臓器での
エネルギーの低下があるから
成果がでない
軽度鬱の状態になっているのか?
きっと
頭は悩みに悩んで疲れた状態
ストレスのため
胃、特に十二指腸の悪化
高血圧、糖尿病のような状況に
なっているのではないかと予想していたのですが
結果は
予想は
大ハズレでした。

頭の状態は
疲れもなく、活き活きしていたのです。
胃、十二指腸も全く問題なしも
やや高血圧傾向にあり
ストレスはあるけれど
ストレスの強いときに働く
副腎がもっと、もっと働こうとしている状態。

からだの反応とは裏腹に
からだ自体はやる気満々何です。

それなら、なぜ・・・・鬱状態なのか?
エネルギーはあるので
エネルギーの使い方が悪いのかもと思い
その患者さんのバイオリズムを見てみました。

すると
患者さんのバイオリズムの状態は
年も、月も、日も一番力が落ちている
アンダーの状態でした。

そして
受診された日は
バイオリズム的には、様々なことを
取捨選択しこれまでの自分を
精算する日だったんですね。

これで、納得しました。
今の患者さんの現状も
メタトロンとのちがいも
すべてバイオリズムが説明してくれたのです。

バイオリズム的に
受診された日が一番
エネルギーが落ちている日。
明日からはエネルギーが上昇し始める日。
だから
からだは明日から上昇する準備を
ちゃんとしていたのです。
だから、そのことを知り
次の日から、バイオリズムに合わせた
スケジュールを組んでいきました。

そして1週間後来院されたときは
表情も明るくなり
毎日快適に過ごしていることを
教えてくれました。

バイオリズムは
からだの細胞がもっている
エネルギーの流れです。
そして、その流れは
年月、時間でも刻々変わります。
そのリズムにそって生きていくことが
いいエネルギーの流れを作っていくんですね。
それにあわせて
からだも準備していることを
メタトロンは教えてくれているんです。

患者さんは
10月、2021年はアンダーの時期ですが
日々の時間を
バイオリズムにそって過ごしていけば
来年は
素晴らしい年、未来が待っていることでしょう。

メタトロンとバイオリズムを組み合わせて
自分を知って、生きる指標になることを
実感しました。

カテゴリー: 真実の医療 | バイオリズム はコメントを受け付けていません