心豊かに過ごすためにできること

  11月になると
  朝晩は冷え込む日も多くなりました。

  診療のある日は
  日が昇る前に家を出て
  神様にごあいさつと
  日の出を拝んで一日をスタートするのが
  僕の日課です。
 
  でも、休日は
  時間に縛られることも少ないので
  少しのんびり起きて
  家族の予定に合わせて
  ゆっくり朝食を食べ
  それから
  神様のお参りに出発します。

  いつもは
  まだまだ暗く
  すれ違う人も
  まばらな感じで
  みなさんおそれぞれのルーチンワークが
  あるのでしょう
  黙々とおつとめをされている感じで
  すれ違っても
  挨拶さえ、はばかれそうな気がします。
  でも
  休日にすれ違う方は
  お散歩を楽しまれる余裕もあるのでしょう。
  すれ違うと
  あいさつはもちろんのこと
  ちょっと立ち止まって
  ひと言、二言雑談をすることもあります。

  お互い気持ちに余裕があるからでしょう
  飼い主がリラックス為ているからでしょうか
  一緒にお散歩しているわんこも
  尻尾を振ってあいさつしてくれます。
  お互いとても心地よく
  別れ、お散歩が続けられます。

  これは休日だからではなく
  気持ちの余裕を持って
  一日のスタートができれば
  その日はきっといい一日になるのでしょうね。

  休みの日だけでなく
  仕事の日も
  気持ちの余裕を持って
  行き交う方々とあいさつしようと思います。

  そんな些細や心がけ一つで
  その日が心豊かな一日に変わることは
  間違いないと思います。

カテゴリー: 真実の医療 | 心豊かに過ごすためにできること はコメントを受け付けていません

目に見えないのは人間だけ?

 目に見えないものって
 見えているもの以上にあるのではないかと
 思ったりします。
 
 実は
 人間だけが見えてないのかもしれないし
 見えないものがあると思ってるだけかもしれない。

 虫は、人とちがって複眼と言われる目を持っています。
 魚も魚眼と言うし
 鳥も大空から獲物を見つけられるめを持っていたり
 蝶は、紫外線が見えるそうです。
 ですから、モンシロチョウは
 紫外線を吸収する雄のからだは黒く見えて
 逆に雌のからだは反射して白く見えるらしいのです。

 このちがいは人間には全くわからない。
 つまり
 人間が見えているものが
 すべてではないということです。
 見えてないと思ってるのは
 ひょっとして
 人間だけなのかもしれません。
 だから
 見えないからないのではなく
 僕たちが見る力がないだけなのかもしれません。

 見えないから
 すべて否定する
 見える世界だけにこだわる
 科学の姿勢も
 軌道修正する時を迎えているのかもしれません。

 今見えているものって
 本当は見えてないのかも
 真実は見えてない部分にあるのかもしれませんね。

 だから
 僕は診療中も
 目に見える人のからだを診るのはもちろんですが
 めにみえなていないもの
 心、魂からの訴え、サインを
 見落とさないように
 全神経集中して診療しています。

カテゴリー: 真実の医療 | 目に見えないのは人間だけ? はコメントを受け付けていません

学術会議騒動に思うこと

 菅政権になってから
 初めての国会が開かれましたが
 日に日に増加している
 コロナウイルスに関して考えてくれるかと思えば
 与党も、野党も
 学術会議のメンバーの選定方法ばかり
 話し合ってる気がします。

 その会議で
 6人のメンバーを選んだ云々が
 どれだけ今の世の中に関わっているのかと
 ちょっとピント外れに見えて
 日本のこれからが心配になりました。

 世の中を進歩発展させるためには
 学問が大切なことは間違いないと思います。
 ただ
 現代社会の基盤となっている
 経済と富を追求する学問のみでは
 これからの世界に対し
 平和な社会や国家を建設し
 そして人類全体に与えること
 は望めないと思うのです。

 人間は生きているのは
 この肉体だけでなく
 魂と共に生きているのです。
 そして、それは、人間だけでなく
 すべての生物、地球自体もそして宇宙全体にも
 言えることだと思います。
 つまり
 人間が生きていくためには
 己の魂と宇宙のエネルギー(魂)との関係を
 充分に悟り
 今まで人類が獲得した叡智と
 融合し織り込んでいくことで
 学問は発展していくのだと思います。

 20世紀の大物理学者であったアインシュタインは
 「この宇宙の森羅万象について
  化学の説明できることは無に等しい」
 「宗教なき科学は、足が不自由である。
  科学なく宗教は、物もみえない」
 
 従って
 科学もこれまでとように、物質中心ではなく
 心とエネルギーのことも考えながら
 そして、科学も宗教を付け合うことで
 平和な社会を建設し
 これからの人類に平和を与えてくれるでしょう。

 これは
 医学に対しても同じ
 人間のからだだけでなく
 心、つまり魂を診ることが
 重要だと言うことです。

 今争っている
 学術会議の問題の根本は
 人数ではなく
 学問の根本について考えていく必要がある
 と言うことだと思うのです

カテゴリー: 真実の医療 | 学術会議騒動に思うこと はコメントを受け付けていません

進路指導2

  医者になる道を
  選択したものの
  本当に心に描いたような医者になれるか
  自信がなかったのでしょう
  今とちがう形で
  夢を描いていました。

  医者には
  患者さんを診る医者と
  研究する医学者という道があります。

  当時 
  僕には姉が生化学の研究者である方と
  結婚することが決まっており
  将来有望な医学者として
  期待され、近々アメリカへ留学される
  予定の彼であり
  時々、医者についての話を聞くことがありました。

  義理の兄となる人の
  後ろ姿を診ながら
  そうか、研究者という道がある
  そうすれば、世界を股にかけた仕事で
  人を助けられるんだ。

  そうだ
  留学して、癌についての研究をしよう。
  そんな医者になろうと決意し
  受験勉強に取り組んでいました。

  でも、理科的発想ができないのに僕が
  世界を渡り歩きたい
  そんな医者になる道を選び
  それが科学者というのも
  今考えている理想とした医師像から
  少しピントが外れた選択だったんです。

  そういえば
  理科系でも難関と言われる医学部に
  文科系人間の僕が挑むと決めたのは
  医者は理科系頭は必要ない。
  人の心も考えないといけない
  生き方も、倫理観、そして哲学、宗教感も必要
  受験に理科系科目が必要なだけで
  医者は理科系頭じゃなくても
  できるからと思ったから理科系を選んだんです。

  理系に言っても
  僕の進む道は、医者になっても
  世界を渡り歩きたいと思っていた夢は
  その時点で持ち続けていたんですね。

  医学者として
  世界で活躍する医者になろうと決心したのですが
  僕はなぜか
  臨床医になるのは 
  夢の夢と思ってたのでしょう。
  ひと言でいうなら
  サラリーマン家庭でもなれる 
  医者の道を歩くことを決めたんですね。

  まだまだ迷いの多い決断でしたが
  魂もこの決心にちょっとほっとしていたのでは?

カテゴリー: 真実の医療 | 進路指導2 はコメントを受け付けていません

脅威の免疫システムのおかげで今を生きられる

  休日のある朝
  たまたま観た
  「驚異の免疫ネットワーク」という番組。
  ちょっと難しいコロナウイルスと免疫のことを
  鮮明な画像で解説している一般のかた対象の医学番組。
  海外の放送局制作の番組のために
  全編英語、でも字幕もあるので
  映像の美しさにもひかれ
  英語と医学の勉強もかねて最後まで見入ってしまった。

  新型コロナウイルスという
  新ウイルスと
  体内の免疫力との戦いを解説していた。

  免疫学の復習もかねて
  書いてみると

  体内にコロナウイルスであれ、インフルエンザであれ
  ウイルスなどの未知の異物が体内に入ると
  体内の食細胞が
  未知の異物を発見しとらえ
  食べてしまう。
  その時に、そのウイルスなどの遺伝子を解析し
  情報を他の食細胞を共有し
  2回目以降の体内に侵入した際には
  直ちに攻撃できるように準備している。

  しかし
  ウイルスも進化し
  体細胞に発見されないように
  忍者のように
  体細胞の中に同化し偲びこんで
  食細胞の発見から逃れようとする。

  すると
  食細胞は免疫第2段階として
  侵入者の情報をB細胞という免疫細胞に
  情報を渡す。
  情報を受け取ったB細胞は
  抗体を直ちに造り
  細胞に異物が入り込む前に
  捕まえようと
  抗体を作り出して
  ウイルスなどの侵入にあらかじめ備えていく。

  この抗体を作る
  免疫力を人為的に作らせるのが
  ワクチンだということになります。

  これで
  もう、新型コロナウイルスが体内に
  侵入しても大丈夫かと思いきや
  新型ウイルスも進化し
  どんどん強力かするのです。

  今回の新型コロナウイルスでも
  多くのかたがいのちを落とされました。
  その人々の多くは
  肺に血管が血液が詰まる塞栓症が
  原因でなくなる方の死亡がほとんどでした。

  そのなくなった方の
  血管を調べてみると
  血栓の中身は
  血液とウイルスと食細胞そして食細胞のDNAだったのです。
  つまり
  免疫細胞の最後の姿だったのです。

  イメージとして
  食細胞が最後の力を振り絞って
  自滅、自爆した
  捨て身の戦法のなれの果ての姿だったのです。
  
  これを医学的に
  サイトカインストームだと言いますが
  これを起こさせないようにしないと
  いう考え方もあるけど
  僕は
  未知の予想外の相手の
  コロナウイルスによって
  身を呈して頑張って
  捨て身の戦法までとって
  闘ってくれる食細胞、免疫細胞に感謝です。
  相手がどんなに強大でも
  いつも僕のからだを守ってくれていることを
  改めて感謝しかありません。
  そこまでしてくれて
  たとえ僕がなくなっても
  責めることも、悔いることもありません。

  でも、この免疫力も
  急にできたわけではなく
  人類が生まれたという5億年前から
  様々な病原菌と闘ってきた病原菌との
  長い長い歴史の結果なんです。

  僕たちは
  このご先祖さんから引き継いだ免疫力をもらって
  現代社会を生きています。
  こんな僕たちも
  生まれたときは純粋で、免疫力は働いていません。
  しかし 
  母乳をのみ
  数々の感染症にかかりながらも
  母の愛、両親の愛、ご先祖さんの力で
  演繹力を育みながら
  生きている、生き続けられていることを知り
  生きていかなければならないということを
  コロナウイルスが教えてくれていると思うのです。

カテゴリー: 真実の医療 | 脅威の免疫システムのおかげで今を生きられる はコメントを受け付けていません

神秘体験

 僕は病気をしてから
 目には見えないけど
 心で感じられる真実と思えることが
 日々感じるようになり
 それが大切に思えたので
 日々、通常の医師は語らないことがないようなことを
 ブログに書いています。

 僕の書いていることを
 不思議なことをいうなぁとか
 そんなことはないと否定される方も
 いらっしゃるでしょう。
 
 でも
 そうだと受け入れてくれる方もいらっしゃる方も
 いらっしゃると思ってもいます。

 最近は
 スピリチュアルブームであり
 目に見えないこと
 魂のことを語る方も珍しいことでもなく
 本屋に行けば
 多くのスピリチュアル系の本が並んで
 次々に新刊が出ています。

 それだけ
 魂の世界にひかれる方が
 多いからではないでしょうか?
 そんな方がいらっしゃるので
 僕のブログも日に100人以上の方に
 読んでいただけいるのだと思います。

 魂の世界
 スピリチュアルの世界を信じても
 僕には
 見えない物が見えるとか
 触れただけで病を治せるとか
 未来を予想することができるとか
 不思議な力は
 何一つ持ち合わせていません。

 ごくごく当たり前に過ごしている
 普通の人間です。
 特別な
 奇跡的な神秘体験をしたこともなく、
 ただ、言えることは
 大病を患ったと言うことだけ。

 著名な精神科医であった神谷恵美子医師が
 著書のなかで、こんなことを書かれていました。
 
  「神秘体験は、多くの場合  
  人が人生の意味や生きがいについて
  深い苦悩の中に落ち込み
  血みどろな探求を続け、それが
  どうにもならないどん詰まりまでいったときに
  始めて起こる」と仰ってます。

 つまり
 これまで経験したことのないような苦難を
 乗り越えたときに
 神秘体験が起こる。
 小さい自分という自己を越えられたという
 出来事を
 神秘体験だと人は感じるのだというのです。

 僕も 
 大病というこれまでに経験したことのないような
 出来事に直面し
 心の中に
 肉体をいう物質的な価値観から
 魂という精神的な価値観の存在を体験し
 価値体験の変換が起こったから
 今、感じることを
 みなさんに伝えているのだと思う。

 重い苦しみを経験した人は
 他人の評価や
 自分の所有する物に重きを置けなくなり
 新しい価値観で生きていこうとする。

 これが
 人々の言う神秘体験であり
 誰にも経験する可能性のあることでもある
 そして
 僕もこの経験をみなさんに伝えるために
 ブログで発信しています。

 これからもよろしくお願いします。

カテゴリー: 真実の医療 | 神秘体験 はコメントを受け付けていません

大統領選挙に思う~世の中を変えるのはあなた~

 アメリカだけでなく
 日本も世界も
 これからのアメリカそして世界を牽引する
 リーダーを選ぶ選挙に注目し
 すったもんだがありましたが
 なんとか
 バイデン氏の勝利
 次期大統領にほぼ決定したようです。

 今回の選挙の報道をみて
 アメリカ国民だけでなく
 世界中の人々が
 世界の、この地球の今後の未来が
 どうなるか案じながら
 みていた方も多いことでしょう。

 僕も
 今の政治、それに対する人々の行動が
 とても明るい未来を向かっているのか
 心配しながらみてました。

 人が人を選び
 人が人のために働く
 その行動が
 誰のことを思って行動しているかが
 とても重要なんだと感じました。

 人はみな神の民人として生まれています。
 ですから
 人々はみな自分自身の中に
 神は、自分の分身の魂の一部を宿して
 生まれてきていると言います。
 生きていることは
 その神の魂に気づき生きていくことで
 神ともにあることに気づき
 そして神の元に帰っていくのだと言います。

 神の魂の存在に気づかずに
 一生過ごしてします人もいますが
 気づいた人には
 それ成りの行動をとる責任があります。

 世の中不安定になっている時代だから
 人類を救うために
 ひとりひとりが気合いをいれて
 地球を救うために頑張らないといけないかというと
 大統領選挙演説のようなことを表明する
 必要はないと僕は思います。

 気づいた人、目覚めた人は
 誰を救うのか?
 地球を救わなければならないのか?
 と思って頑張るのではなく
 自分自身をが自分自身を救っていく時代に
 なってきていると思うのです。

 藤井聡太君などのように
 高い能力をもった若い人が注目を集め
 彼らのことをレインボーチャイルドとも言いますが
 現在、周りを見回すと
 決してマスコミに注目されなくても
 才能豊かなこどもたちが増えてきていると思いませんか? 
 実際
 この世には
 レインボーチャイルドのような
 世界をあっという間に変えてしまうような
 魂の導き手が次々生まれてきています。

 これは
 自然の力が、自ら地球を救うために
 レインボーチャイルドを
 どんどん誕生させている時代に
 なったということなのです
 
 だから
 ひとりひとりが
 「我こそが地球を救うために」と
 声を上げて頑張る必要もなく
 そんな時代でもなくなっているのです。

 ただ
 僕たちがすべきことは
 ひとりひとりが、
 目先の利益、欲に目をくらませることなく
 魂の声に従って
 自信をもって生きていけばいいのです。

 あなたのこころの中には
 本当の自分の魂があるのです。
 魂は神様の思いの一部であるのだと思います。
 ですから
 人は神の子と言ったりするのだと思います。
 だから
 いつでもあなたを守ってくれている神様は
 あなたのこころの中にも
 僕のこころの中にもいるのです。

 あなたのこころの中に
 あなたをいつも守ってくれている
 神がいることを信じて
 日々過ごせばいいのです。
 
 誰が大統領になっても
 あなたは自分の信ずる道を
 自信をもって歩いていけばいい
 自分自身を救えるのは、自分しかいないのです。

 自分の心が感じるままに生きる
 自分の魂の波動に従って生きていけば
 あなたの身近な隣の人にも
 波動として
 あなたの生き方が変わり
 世界が、世の中は変わるのです。

 あなたが真実の道を歩いて行けば
 誰が大統領になっても
 世の中は変わっていくのだと
 僕は思うのです。

カテゴリー: 真実の医療 | 大統領選挙に思う~世の中を変えるのはあなた~ はコメントを受け付けていません

熱がでるのも恵みである

 患者さんの心配になる症状の一つに
 「熱」があります。

 熱があると
 元気であっても
 大変熱を下げないとと
 解熱剤をつかったり
 病院に夜中でも駆け込んでしまう
 一番、心配な症状の一つでしょう。

 熱→悪い病気→熱を下げないといけない
 という構図ができあがっていると思います。

 確かに
 熱が出す病気は様々なあります。
 重症な病気が隠れていることもあるので
 注意を要する症状の一つであるのは
 まちがいありません。

 ですから
 熱が出るとき
 病院にかかることは間違いではありませんし
 遠慮なく病院にかかって欲しいです。

 でも、熱が出ている時に
 心得ていて欲しいのは
 熱→あわてて→熱を下げたい→解熱剤を使う
 という行動パターンに走るのは
 ちょっと待って下さい。

 熱=病気のサイン だけれども
 熱=悪いサイン とは限らないと言うことを
 憶えていていただきたいです。

 からだの中に
 ウイルスや病原体がからだの中に入ると
 様々な免疫細胞が働いて
 からだを攻撃する病原体を排除しようとします。
 その時、神経細胞は
 免疫細胞が病原菌と闘っていることをキャッチして
 免疫細胞を援護射撃するかのように
 体温中枢神経に働きかけ
 体温を上げて、熱を出させているのです。
 病原体は熱に弱いからなのです。
 
 熱が出ると言うことは
 病気を治そうとする
 からだの働きなんです。

 そこで
 あわてて、解熱剤を使ってしまうと・・・
 からだがあわててしまいます。
 あれれ、熱上げようとしてたのに
 熱が上がらなかった。
 大変だ、もっと全力で体温を上げないと
 全力で熱をだそうとします。
 その時
 毛穴を塞ぎ、血管を縮ませ
 体温が外部に漏れないような体制をとります。
 だから、熱が上がるときは寒がったり、震えたりするんです。
 そして
 その時に熱を上げるために
 体力も使って、ぐったりって言うことにもなります。

 熱が出てるとき
 ぐったりするのも心配だけど悪いことではなく
 からだのサインでもあるんです。
 からだが熱を出して集中して闘っているので
 うろうろして体力消耗や神経集中できない状況に
 させないためなんです。
 からだが発する「寝とけ」のサインなんです。

 からだが必死で闘ってるのに
 そのからだからのサインを無視して
 熱を下げ、体力を消耗する行動に走ると
 後で、痛いしっぺ返しがくることもあります。
 
 このように
 「熱」ひとつとっても
 自ら気づかないけれども
 自分のためにからだが働いていることって
 たくさんあります。

 熱もからだからの大切なサイン
 からだの中の神様が
 守ってることを知らせてくれている
 大切な恵なんです。

 からだからのサインを発するのは
 あなた自身のため。
 あなたを苦しめるためではないんです。

 病気になっても
 あなたを守ってくれているからだに
 感謝の気持ちを忘れずに
 過ごさないといけないですね。

カテゴリー: 真実の医療 | 熱がでるのも恵みである はコメントを受け付けていません

人は誰かに見守られて生きている

  人は
  ひとりでは生きていない
  ひとりでは生きられないとも
  よく言われます。

  確かに
  人は特につらいときは
  誰かが見守ってくれている
  自分の元気になるように
  願って祈って下さっていると思うと
  どんなに力づけられることでしょう
  そして
  一歩、一歩前に進むことができるでしょう。

  僕も入院したとき
  家族が、スタッフが
  他にも回復を願ってくれる方々の
  無心の祈りによって
  病から回復し
  また今ここにいられると思っています。

  人の思いに助けられたのは間違いないのですが
  忘れてはいけないのは
  僕をどんな時も、守ってくれていた
  自然の力があることを知りました。

  入院して、感じることができた
  自然の力。
  恥ずかしながら、それまでは
  ほとんど意識することはありませんでした。
  それは
  僕の心、生き方に問題があったのです。

  自然の力は
  意地張った心、頑な心では
  感じることができないのです。
  素直な心になってはじめて
  自然の力を感じ、受け入れることができるのです。
  素直に自然の力を受け入れることができれば
  いつでも、どんな時でも
  自然の力は、あなたを、僕を
  喜んで守ってくれるのです。

  自然の力は
  前回お話をした神の経、神経を通して
  60兆個の細胞一つ一つに伝わっていきます。

  素直な心がないと
  すべての細胞を司っている神経が
  硬直すると言われています。
  神経が硬直して働けなくなると
  細胞も同様に働けなくなり
  体の中に毒素をため込んでしまいます。
  それが
  病気や不幸を生み出してしまうのです。

  神経は
  からだを動かしている働きがあると
  現代医学では考えていますが
  実は
  宇宙からの力が
  自然界からの力が
  僕たちのからだに伝えてくれているのです。
  そして
  宇宙からの英知を受け取って
  僕たちは生きている、生きられているのです。

  そのことを
  素直に受け入れていきることができれば
  病気になることもなく
  心豊かに生きていけると思うのです

カテゴリー: 真実の医療 | 人は誰かに見守られて生きている はコメントを受け付けていません

進路指導

  医者に憧れながらも
  医者の道を決められない少年時代。
  でも
  自分のすすむべき道を
  決断しないといけない時期が
  迫っていました。

  それは
  高校1年から2年に上がるときの
  進路指導でした。
  文系か理系を選択しないといけません。

  自分は
  英語、国語、社会などの
  いわゆる文系科目が得意でした。
  理系科目は
  教えてもらった範囲を理解して
  点数をとると言うことはできたのですが
  理科的発想、理科的応用力がない
  つまり
  科学的発想ができないことを痛感したんです。

  ですから
  理系の分野に進むのは無理。
  文系学部を選択して
  将来自分は
  語学力をつけて
  世界中の人と関わり合って
  世界をまたにかける仕事
  なんとなく
  外交官になろうと思い
  文系を選択して
  学校に進路指導を提出しました。

  でも
  文系を選択したら
  もう数学Ⅲ、物理、化学など
  習うことがないので
  理系にすすむ道は閉ざされる。
  本当にそれでいいのか悩んました。

  何回か進路希望の提出があり
  いよいよ
  最終決定と言うときに
  僕は
  今まで学校に提出した希望と選択した
  真逆の
  理系、選択科目物理、化学という
  理系直球ど真ん中の選択をして
  提出したのです。

  その時は
  医学部にいくために・・・と
  心に決めての選択でした。

  みんな
  僕は文系でのコースを歩むと思ってたので
  先生も友達もそして親も
  その真逆の選択でいのか
  僕に何度も何度も確認にしていました。

  僕は
  文系頭だから
  理学部、工学部にはいけない
  でも
  人のために働く
  医学部にいくために理系を選択するんだと
  強い決心をしての選択でした。

  その時
  決めたのは
  人のために働きたい
  ずっとずっと自分の手に職を持ち
  定年などなく
  死ぬ日その時まで人のために働き続ける仕事をしよう。
  そのための技術を勉強しようと思ったのです。
  
  僕のこの職業理念に合う仕事が
  僕には医者だという選択に結びついた瞬間でした。

カテゴリー: 真実の医療 | 進路指導 はコメントを受け付けていません