神も仏もいないのか?

よく人は
 自分の思い通りにならないことや
 苦しむ状況になると
 「神も仏もありはしない」と言う台詞が
 思わず口から出てしまうことがあります。

 人は
 いいことも、悪いことも
 自分に起こっていることは
 何らかの自分以外の力が働いて起きていると
 考えているから
 苦しいときに
 こんな台詞が
 思わず口から出てしまうのかもしれません。

 自分が生きているこの人生は
 自分だけの人生だし
 人生の主人公は自分です。
 だから、今起きていることは
 昨日までの自分の行動の積み重ねの
 結果なんです。

 
 病気になったり
 何か苦しいことに出会ったときでも
 決して
 神も仏のせいではないんですね。

 なら
 神様も仏もいないのでしょうか?
 
 実は、僕は 入院中いつも
 自分を守って、応援してくれている
 存在?力?を感じることがありました。

 病気になったのは
 自分の昨日までの行いの結果であり
 それに気づかそうとして
 僕は病気になったのかもしれない。
 でも
 動かなかった左手も、左足も
 「こうなったのは、おまえのせいだから」とは
 僕にもっと苦難を与えようとは
 決してしません。
 
 なぜなら
 服を着替えようとするとき
 必死でボタンをかけようとする右手を手伝おうと
 無意識に右手の手伝いをしようとする動かない左手。
 「今日もリハビリお疲れ様。夜はゆっくりして
 また明日は、がんばって左足を動かしてみよう」と
 語りかけていると
 翌日は、指がそして足も昨日より動くんです。

 僕は
 からだのメッセージを受け取らずに
 結果として病気になったのかもしれない。
 だけど
 からだは、そんな僕を恨んだりしない。
 逆に、元に戻れるように応援してくれました。

 僕のからだの中には
 僕がどんな時でも
 僕の力になってくれる存在を感じました。

 この力、存在を人は
 奇跡、神の力と言うのかもしれませんが
 僕のからだにも、あなたのからだにも
 あなたをどんな時にも守ってくれている存在がいるんです。
 それを、人は神と呼んでるのかもしれません。

 神様は
 どんな人にも
 どんなに苦しい時でも
 あなたの中にいる力、存在なのだと思います。

カテゴリー: 心の調べ パーマリンク