からだは地球からのレンタル品

 からだの60兆億個の細胞全ては、
 毎日摂取している
 食べたものからできている。
 
 地球にある全てのものは
 炭素、水素、酸素などの無機物を
 植物が摂取し、植物を動物が摂取し、
 さらに人間が地球上の植物や動物を食べている。
 そして地球の元素全ては、
 宇宙からきている
 
 つまり、元をたどれば、
 僕たちのからだは
 全て地球の元素からできていて
 人間のからだは
 地球のそして宇宙の一部ってことになる。
 
 つまり、僕たちのからだは
 地球から一部借りてできあがった
 レンタル品てことになる。
 レンタル品だから、いつか返す時が来る。
 返却の時期が、つまり「死ぬ」ということ。

 それなら、
 このからだを借りてるのは誰だろう?
 借主は自分自身だけど
 自分自身って、誰だろう

 人のからだは、
 1年間もすれば
 細胞は全ていれかわってしまうし
 からだ自体はレンタル品だし
 借主でないのは明らか。
  
 それでは心だろうか?
 心も
 いつも同じ状態ではなく。
 考え方も感情も
 日によってコロコロ変わり
 心もからだ同様
 一定しないなら
 借主とはいえなさそう。

 私たち自身で
 ずっと変わらないものって
 肉体でもなく、心でもないってこと。
 ずっと変わらない普遍なものと言えば
 魂でしょうか?

 魂が
 あなたの肉体を
 地球から借りて
 この世に存在できているのだとしたら
 
 この世に
 魂が肉体を
 地球からレンタルし
 レンタル期間が終われば
 地球に肉体を返し
 あなたは、魂だけの存在になる。
 そして、また肉体をレンタルできる日を
 待っているとしたら・・・・

 魂の存在
 そして
 輪廻転生って確実に存在するのだと思う。

カテゴリー: 心の調べ パーマリンク