日別アーカイブ: 2020年3月5日

明けない夜はない〜ついに山口県でも〜

世界で猛威を奮いつつある新型コロナウイルス。
昨日山口県でもついに感染者が確認されました。
今後山口でもコロナウイルスの不安が現実になって
大変な状況になってしまうのでしょうか?

今入院している病院でも、
新型コロナウイルス対策として
先週から外出、外泊とも禁止、
昨日からは家族との面会も禁止
予想もしなかった影響が出てきました。

でもそん大変な状況の中にあっても
僕はいつもと変わらず病院でリハビリをしてるんです。
ニュースを見なければ新型コロナウイルスも知らない状況でも
暮らしていけてるんですね
リハビリをしながら思ったんですね。
今いつもと変わらない時を過ごせるのは
「僕は病院に守られてるからなんだ」って。

世間で大騒ぎになっている
休校になったのも
イベントがなくなったのも
仕事に影響が出てきてしまった状況を
作り出したのは政治家の決断ですが
その決断があったから
今こうして生きていられるんじゃないか?
とも思えてきたんです。

今生きていること
多少不自由はあっても
文句をいいながらでも
こうして暮らしていけてるんです。
こんな状況で生きている、生きられるって
実は当たり前のことじゃないのかもしれません。
そう思うと
自分ではどうしようもない大きな力が
僕たちの暮らしと命を守ってくれている気がするんです。
政治家、病院、学校、社会ではない
もっと大きな力が守ってくれている気がするんです。
それを神というのか?
それはぼくにはわかりません。

だけど、誰かかが命を守ってくれていると思うと
多少不便であっても
不自由な状況でも
今の状況を受け入れないといけない
今の状況をうけいれると
こうして生きていることが
本当に感謝だと思えてくるんです。
守られていることに感謝なんです。

様々な思いはあるけど
今こそ生きていることに感謝して
過ごすべきじゃないかと思うんです。

緊急事態宣言はだされてませんが
現在は国難とも言える状況になりつつあると思います。
いつまでこの状況が続くのかもわかりません。
でも、“明けない夜はない。”のです。
必ず明るく温かな希望溢れる春が訪れます。
がんばりましょう。                       

カテゴリー: 心の調べ | 明けない夜はない〜ついに山口県でも〜 はコメントを受け付けていません。