免疫力をつけるとは?

コロナ対策で世の中のみんな頑張ってます。
 行動規制して、自粛して、仕事を休んで
 感染が広がらないように
 感染を広げないように
 ひとりひとりが
 気をつけて過ごしています。

 そんな時
 よく聞かれるのが
 ”免疫力”を上げましょうという言葉。
 免疫力を上げる?とは
 どういうことでしょう
 
 コロナ感染に負けない、これは戦争だ
 国民全員で戦いましょう・・・など
 戦うという姿勢を鼓舞する言葉をよく耳にします
 これは戦いだから
 ウイルスをやっつけなければ
 ワクチンが薬が必要
 そして
 免疫力をつけて戦いましょう・・・・と続きます

 実は免疫力をつけることは
 ウイルスと戦う、相手に勝つことばかりではありません。
 確かに、免疫力には
 ウイルス、アレルギーなどの
 体外からの侵入者を排除する”拒絶”する力を
指すこともありますが
もう一つ
妊娠したお母さんが、非自己である胎児を
 ”拒絶”せず受け入れるように
愛で育むという
 ”寛容”という力もあります。

 今までのように
 病気にならないように
 病を、ウイルスを拒絶、排除するのではなく
 たとえ
今回のコロナウイルスのような未知のウイルスであっても
 相手の見えない病気であっても
 大きな愛で包み込めるような
 受け入れる”寛容力”をつける ことが
必要な時代に
これからは変わってくるのだと思います。

ですから医療も
これまでの闘う医療一辺倒でなく
 病を受け入れられる力をつける医療に
 相手を憎む医療でなく
 愛で包み込む医療
が求められる時代になると思います
それが
 これからの時代に必要なこと免疫力であり
そして
僕の理想とするこれからの医療。
 当院でめざし推進している医療です。

愛に溢れる社会になることを
願って活動していきます。

カテゴリー: 心の調べ パーマリンク