”友達の風景”

  まず ぼくがいて
  つぎに きみがいるのか
  まず きみがいて
  つぎに ぼくがいるのか  雨あがりの かたつむり二匹
  並ぶ その姿を 見つめながら
  存在するものの 在り方を 思う

  そうだ まずも つぎにもいらない
  ぼくが 今きみに
  きみが 今ぼくに
  いっしょに「やぁ」と 笑いかける
  ~だから 仲間じゃなのではないか

  並んで歩み いっしょに学ぶ
  だから 友だちなのではないか

カテゴリー: 心の調べ パーマリンク