”頼まれごとは、天の声”

  昔話にあったのは
  偶然掴んだ一本のわらしべを元に
  最後は長者になった人。  どうなるかなんて
  深く考えないまま
  困った人に親切にしていただけ。
  訪れた機会を受け入れていたら
  どんどん豊かになっていった。

  一生懸命に何かをしたわけじゃなくても
  人として真摯に生きているだけで
  なぜだかいい流れになっていく

  欲や執着がないほど
  天がくれる機会を
  迷うことなく受け取れる
  誰かに頼まれたことがあれば
  それは天がくれたきっかけ。
  素直に受け取ろう。

カテゴリー: 心の調べ パーマリンク