日別アーカイブ: 2013年4月17日

医師の命は自分のものではない

医師の命は自分のものではない
・・・・・と先輩医師によく言われました。

医師はとういうものは
国立大学であれ、私立大学出身であれ
国民の税金のおかげで
医師になる教育を受けさせてもらっています。
税金で報酬を得ている国家公務員は
国のために働くのが仕事。
税金で育ててもらった医師も
日本中に人々のために働くのは当然の事だと思います。

患者さんが病気を克服し
元気な日常を取り戻すことを願って力を尽くす。
”医師の命”は、そのためにあるのかもしれません。
医師が命を全うするためには
自らが信じた道を迷わず、歩み続けることなのかもしれません。
その歩みを止めた時
医師は、医師である存在理由がなくなって、はじめて
”自分の命は自分のものだ”という
実感を手にできるのかもしれません。

今日も、患者さんのために
学んだもの、蓄積したものを全て注ぎ込み、
”医師としての命の炎”を
燃やし続けたいと思います。

カテゴリー: 心の調べ | 医師の命は自分のものではない はコメントを受け付けていません。