”悲しい時よ、こんにちは”

こんな質問をされたら

   悲しみのある人生と
   悲しみのまったくない人生
   どっちがいい?

どう答える?

  悲しみはないほうがいいけど
  楽しいだけじゃ、
  楽しみもいつかつまらなくなるかも
  悲しみもあるから
  楽しく思えるのかも

  だから
  悲しい時も大歓迎
  悲しい時も喜ぼう
  悲しみの後には
  必ず喜びが待ってるから

悲しい時も笑顔で
”悲しい時よ、こんにちは”

カテゴリー: 心の調べ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">