月別アーカイブ: 12月 2014

”肥料”

  あのときの
  あの苦しみも
  あのときの
  あの悲しみも
  みんな肥料になったんだな
  じぶんが自分に
  なるための
          相田みつを

今日は仕事納め
今年一年の締めくくりです
いろんなことがありました
うれしかったこと
驚いたこと
悲しかったこと
嘆いたことも
いろんな人との出会いもありました

いろんなこと、出会ったこと全てが
今の自分の肥料になってるのが
今この瞬間にわかりました
なぜって?
今のこの時に感謝して
来る年に希望を持ってるから・・・・

みなさんに感謝の気持ちでいっぱいです
ありがとうございました

一年間お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

よき年をお迎えください

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”一回性”

  今日がある

  とりあえず
  生きなければならない
  今日がある

  引き受けて
  生きてゆきたい
  今日がある

  今日は現実
  生々しい手さわり
  今日は可能性
  変えられる未来

  今日は再び
  繰り返される
  繰り返すことができない
  一回性として
              谷郁雄

今年もあと残り少し
でも
今日の積み重ねで
時はすぎていく
新しい年を迎えるその瞬間まで
今を大事に、2014年を噛みしめて
生きていく

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”生きている”

  痛いのは生きているから
  転んだのは歩いたから
  迷ってるのは前に進んだから
  逃げ出したいのは戦っているから

 どんな時も生きているから
 感じられる
 だから
 どんな時も生きていることに
 感謝して
 生きていきたい

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”ねがい”

  きれいな気持ちでいよう
  花のような気持ちでいよう
  報いをもとめまい
  いちばんうつくしくなっていよう
              八木重吉

今日も
ただただ、
こころ美しくありたいと
願って生きていく

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”人生好転”

  よい時には”感謝”して
  悪い時には難がある時だから
  ”有難う”と言おう

  いつも
  ”感謝”と”有難う”を口ずさんでいると
  運命はよくなり
  人生は好転していく。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”誕生”

      いのちは
  なぜ うまれてくるのだろう

  このよがくるしいばかりなら
  うまれてこなければいいのに

  このよがかなしいばかりなら
  うまれてこなければいいのに

  まるで とおい とおいむかし
  せかいはしあわせだったというように
  あかんぼうはうまれてくる

  「ほら ごらん
  これがほんとうのせかいです」と
  いうように

  ぼくをまぶしくさせながら
  ぼくらをやさしくさせながら

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”手いっぱいの愛”

      ぼくはその小さな手のひらに
  手いっぱいの愛をにぎって
  この世界に生まれてきた
  そして静かに開いて
  ぼくのその愛は
  この世界に放たれた

  ぼくの知らない街角で
  僕の知らない誰かが
  気づかぬうちに僕の愛を受け取り
  僕を知らない誰かが
  知らないうちに繋がってる

最近、
そんな気がして・・・・
今日出会えたことが
とっても嬉しくなる

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”答えが見つかるまでは”

     生きているからには
  病気は治さなければならないだろう
  生きているからには
  生き続けなければならないように

  とはいっても
  医者は
  病気を治すことができると
  うぬぼれてはいけない

  治るとは
  どういうことか
  生きるとは
  どういうことか
  その答えが見つかるまでは

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”今の自分でいるのは”

  進む道がわからない時
  一緒に考えてくれる人がいる

  自分らしさを忘れた時
  思い出させてくれる人がいる

  笑い方を忘れた時に
  笑わせてくれる人がいる

  すべてがだめになりそうな時
  支えてくれる人がいる

  いろんな人たちのおかげで
  今の自分がいる

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”生まれてきたから”

  生まれてきたんだから
  生きよう
  せっかく、生まれてきたんだから
  楽しもう

  ぼくは、いのちを
  ひとつ もっている。
  そのいのちは
  たくさんのいのちを
  かんじるために
  あたえられたもの

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ