月別アーカイブ: 10月 2014

”ご縁”

  ご縁を愛する人が
  ご縁をに愛される

  人とのご縁に感謝し
  大切にする人が
  必要なご縁を引き寄せ
  自分以上の自分になっていける人
  ただつながるだけでは
  ご縁には愛されない

  今日も出会える人
  そして
  出会えたご縁に
  感謝して生きていきたい

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”勇気”

  真実を隠す努力より
  真実を語る勇気

  避ける努力より
  ぶつかる勇気

  強きものに好かれる努力より
  弱きものに手をさしのべる勇気

  言い訳を探す努力より
  素直に謝れる勇気

  耐える努力より
  吐き出す勇気

  色んな勇気があるけど
  いつも勇気をもって
  まっすぐ生きていきたい

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”今ここにいるのは”

  進む道がわからない時に
  一緒に考えてくれる人がいる

  自分らしさを忘れた時に
  思い出させてくれる人がいる

  笑い方を忘れた時に
  笑わせてくれる人がいる

  ダメになりそうな時
  支ええくれる人がいる

  いろんな人たちのおかげで
  今の自分がここにいる

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”最初のときめき”

最後に
  凧揚げしたのは
  いつだったっけ?

  最後に
  旅をしたのは
  いつだったっけ?

  最後に
  酔っぱらったのは
  いつだったっけ?

  死期を
  悟った老人は
  思い出すことしかできない

  最後のとこばかりを
  思い出すのは
  悲しすぎるから

  人生最初の
  ときめきを
  ひとつひとつ思いだしていく

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”今を生きる”

  世界中でどこを探しても
  あなたと全く同じ人生を
  歩んで来た人はいない

  世界中どこで過ごしても
  ぼくと全く同じ
  時間を過ごしてきた人はいない

  あなたにしか
  そして
  ぼくにしか
  できないことは、何ですか?

  今日も
  今生きてる一分、一秒を大切に
  生きていきましょう

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”自己評価”

  優しい人に
  なりたいと願い
  なりきれない
  人を傷つける
  自分も傷つく

  強い人に
  なりたいと願い
  なりそこなって
  からいばり
  自分がいやになる

  思慮深い人に
  なりたいと願い
  なれない自分を
  愛していたりする
  自分がわからない

  寛大な人に
  なりたいと願い
  成りすましてみても
  小さなことが許せない
  自分の小ささが許せない
                   谷郁雄

まだまだ、まだまだな自分
今日も、明日も
なりたい自分をめざして
悩み、苦しむにちがいない
それを乗り越えるたびに
きっと、なりたい自分に近づいていけるはず
・・・・・・と信じて

今日から、また頑張るぞ!!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”自己中”

  自分の人生だけよければ
  いいわけではないと思う
  自分も周りもしあわせになるには
  どうしたらいいのかなぁ・・・・って考えてみる

  そうやって
  目の前に広がる世界を
  自分の中心に落とし込んで行動する

  そんな「自己中」を
  周りの人も応援したくなる
  そして
  応援してくれるのだと思う

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”願い事”

僕は毎日
願い事をしてる

  神さまに
  お祈りをするのは
  願いを叶えて
  ほしいから

  大きな願い事を
  しないのは
  本当に叶ってしまうと
  怖いから

  願い事は
  ささやかでいい
  叶っても叶わなくても
  気づかないくらいで

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”大切な今を生きる”

  どうすればいいのか?じゃなくて
  どうしたいのか

  何をすればいいのか?じゃなくて
  何をしたいのか

  自分を選んだ道なら
  それは後悔じゃなくて経験になる

  過去を味方に
  未来を希望に
  辛さを踏み台に
  悲しみを強さに
  焦らずに
  自分らしくマイペースで
  大切な今という時を生きていこう

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”迷い道は宝物”

  自らの才能を開花させ
  迷うことなくまっすぐに
  王道を歩いているように見える人生もある

  そんな明るくまっすぐな道に
  憧れる人が多いのは
  世の中の多くの人が
  くねくねとした迷い道を歩んだ過去があったり
  いまその中にいるから

  そんな時
  才能のなさを嘆いたり
  運野悪さを痛感したり。
  長い人生の中
  いつ起こるのかは違っていても
  誰もが一度は迷い道に入り込む

  苦しく暗くつらいその時期を越え
  ずっと後になってから
  その時期に学んだことから
  自分にとって宝物なのだと気づく

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ