月別アーカイブ: 10月 2013

”僕の空”

ふと上を見上げると
秋晴れの青空
どこまでも広がる青空
透きとおった青空を
見ていると・・・・

  僕の上に
  空がある

  空はからっぽ
  なんかじゃない

  空はその中に
  たくさんのものを
  隠している

  それで僕は
  空を見上げて
  何かを思うのに

  勇気をもらったり
  反省したり
  発見したり

  見つけたいものが
  そこにある
  見たくないものも
  あるかもしれない

  そんなにも
  たくさんのものが
  隠れているのに
  ただ青く広がり
  軽々と浮かんでいる

  今日は
  僕に何を語ってくれるの?
  僕の空は

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”好きな風景”

空はどこまでも
透きとおるような青い空
大地では
多くの実りが生み出され
自然の恵みを感じずにはいられない
この季節

目を閉じ
大きく生きを吸い込むと
こんな思いになる

  風が好き
  海が好き
  空が好き
    この人生が好き
    あなたが好き
    わたしたちをつつむ
    光が好きです

  白いハンカチのような雲が
  影をおとしてすぎていく
  まひるの丘の上
  ふたりして歩く
  今がしあわせです

  花が好き
  歌が好き
  夢が好き
    この人生が好き
    あなたが好き
    どこまでもつづく
    この道が好きです
                   やなせたかし

今、生きていること
今、生きられるってことに
感謝いっぱいの毎日です

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”生きることとは”

生きるって
  どういうことなのだろう
どうして
  生きてるのだろう?
生きるために
  必要なことってなに?
・・・・・・
生きることの意味ってなに?

詩人の坂本真民さんがこんな詩を残しています。

  ”生きることとは”

  生きることとは
  愛することだ
  妻子を愛し
  はらからを愛し
  おのれの敵である者をも
  愛することだ

  生きることとは
  生きとし生けるものを
  いつくしむことだ
  野の鳥にも草木にも
  愛の眼を
  そそぐことだ

  生きることとは
  人間の美しさを
  失わぬことだ

  どんなに苦しい目にあっても
  あたたかい愛の涙の
  持ち主であることが

  ああ
  生きることとは
  愛のまことを
  貫くことだ
               坂本真民

生きる意味はわからなくても
愛をもって生きることはできる。

愛を貫いて生きた先には
きっと・・・・・

今日も愛あふれる一日を

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”まだまだ成長できる”

山に登ると
様々なきのこが顔をだし
ひっそり咲くきりん草の
可憐さに心奪われ
絶滅危惧種ままこなの
発見に心ときめき
季節はずれの赤い山つつじとの
出会いにふと不思議な気持ちに

そして
頂上で美味しいコーヒーを飲みながら
360度のパロラマの光景をみながら
・・・・・・

  高い山に登れば
  より高い山がみえてくる
  やればやるほど
  やっていないことに気づく
  それは自分が
  まだまだ教えてくれた。

たくさんのおみやげをもって下山
地上から登った山を見上げると
山の上から
神様が手をふってくれた気がした。

僕も
まだまだ成長しないと

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”最初のときめき”

  最後に
  凧揚げしたのは
  いつだったっけ?

  最後に
  旅をしたのは
  いつだったっけ?

  最後に
  酔っぱらったのは
  いつだったっけ?

  死期を
  悟った老人は
  思い出すことしかできない

  最後のとこばかりを
  思い出すのは
  悲しすぎるから

  人生最初の
  ときめきを
  ひとつひとつ思いだしていく

  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”めぐり会い”

  悲しいことも
  楽しいことも
  寂しいことも
  胸躍ることも
  苦しいことも
  ・・・・・・・
  全てぼくの人生

  全て受け取って
  そして
  いつも微笑んでいたい

  めぐり会った喜びを
  胸に抱き、かみしめながら

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”危ぶむことなかれ”

日々
喜び、悲しみ、悩み・・・・・
いろいろなことが起こる
そんな時  

  この道を行けばどうなるものか
  危ぶむなかれ
  危ぶめば道はなし
  踏み出せばその一歩が道となる
  迷わずゆけよ ゆけばわかる
                      
と一休和尚の言葉が胸に響く
おそれるな
信じる道をゆけばいいのだ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”こだま”

  おはよう
  おはよう
  まるでこだまのようだな

  こんにちは
  こんにちは
  げんきにいえば
  げんきにこたえるおもしろいな

  こんばんは
  こんばんは
  やさしい声だな
                 河野進

あかるくあいさつすれば
あかるい声が返ってくる
笑顔であいさつをすれば
みんな笑顔になる
                  

あいさつはこだまのよう
自分の心が返ってくる

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”チャレンジ”

   人は皆
   命をかけて生まれてくる

   どうなるのか
   わからないまま

   まっ暗な産道を
   ただ 
   前へ 前へと進み
   生まれてくる

   その先には
   明るい世界が
   新しい世界が
   待っていることを信じて

   生きるとは
   日々
   新しい自分に
   生まれ変わることであるのなら
   そのチャレンジは
   今も続いている

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

耳を傾ける

こんなこと
よく言われました・・・・・

  「どうしたの?」
  「どうしました?」
  困ってる人に
  さっとそう言える人に
  なりなさい。
  相手の話に
  耳を傾け、
  相手の話を
  心をこめて聞いてあげる。
  そんな人を
  みんなは求めている

今日も、明日も
あなたの言葉に
耳を傾け
自分にできることを
精いっぱいして
いこうたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ