月別アーカイブ: 9月 2013

”跳べ”

 ” 跳べ ”

 跳んでみろ
 目を閉じたままでいいから
  たとえ どろどろの
 地獄が待っていたとしても

 跳んでみろ

 おまえは
 いつ
  本当の おまえに
 還るんだ       金内二郎

勇気をだして
一歩前に踏み出し
そして
跳ぶんだ!!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”潮騒のメロディー”

今日大人気のNHK連続ドラマ”あまちゃん”が
最終回を迎えました。

青春時代をなつかしみ
ふるさとを思い
苦悩と困難を乗り切る勇気
人の温かさ
仲間のいるしあわせ
祖先を敬う気持ち
そして
家族のありがたさ
・・・・・・
いろいろなことを
時に笑わせながら
教えてもらったドラマでした。

劇中歌”潮騒のメローディー”
ちょっぴりジョークの聞いたこの曲
今でも心に響いてます

  来てよ その火を飛び越えて
  砂に書いた アイ ミス ユー

  北へ帰るの 誰にも会わずに
  低気圧に乗って 北へ向かうわ
  彼に伝えて 今でも好きだと
  ジョニーに伝えて 千円返して

  潮騒のメモリー 17才は
  寄せては返す 波のように激しく

  来てよ その火を 飛び越えて
  砂に書いた アイ ミス ユー
  来てよ タクシー捕まえて
  波打ち際の マーメイド
  早生まれの マーメイド

  置いていくのね さよならも言わずに
  再び会うための 約束もしないで
  北へ行くのね ここも北なのに
  寒さこらえて 波止場で待つわ

  潮騒のメモリー 私はギター
  Aマイナーの アルペジオ 優しく

  来てよ その火を 飛び越えて
  夜空に書いた アイム ソーリー
  来てよ その川 乗り越えて
  三代前の マーメイド
  友達少ない マーメイド
  マーメイド 好きよ 嫌いよ    
                      宮藤官九郎

”あまちゃん”
いつも朝  温かい気持ちにさせてくれて
ありがとう

  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

語りかける海

海を見に行くと
波の音が、風のささやきが
波にひかるきらめく光が
僕に話しかけてくれます

あるとき、こう答えてくれました
ゲーテのこんな言葉を思い出さないかって

 ” 人間は海のようなものだよ
  それぞれ違った名前をもっていても
  結局は
  ひとつづきの塩水なんだよ ”

ちょっとしょっぱい海の水が
ぼくの心を温めてくれてる気がした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

大切な時間を大切に

自分に与えられた時間って
限られてるから・・・・

  嫌いな人をきらうより
  大好きな人を愛したい

  悪い噂話なんかするより
  うれしいこと、楽しいことを話したい

  そんな時間を多くしていきたい

  大切な時間を大切に
  大切な人を大切に

きっと、
大切な時間を大切に過ごせば
自分もきらきら輝いて
活き活き過ごすことができるんだと思う

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

悲しい時よ、こんにちは

こんな質問をされたら

   悲しみのある人生と
   悲しみのまったくない人生
   どっちがいい?

どう答える?

  悲しみはないほうがいいけど
  楽しいだけじゃ、
  楽しみもいつかつまらなくなるかも
  悲しみもあるから
  楽しく思えるのかも

  だから
  悲しい時も大歓迎
  悲しい時も喜ぼう
  悲しみの後には
  必ず喜びが待ってるから

悲しい時も笑顔で
”悲しい時よ、こんにちは”

  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”ごあいさつ”

今日も清々しい秋の空気を感じながらの目覚め
今日から、新しい一週間が始まります。

出会った人に、みんなに
”ごあいさつ”

  どうもどうも
  やあどうも
  いつぞや
  いろいろ
  このたびはまた
  まあまあひとつ
  まあひとつ
  そんなわけで
  なにぶんよろしく
  なにのほうは
  いずれなにして
  そのせつゆっくり
  いやどうも
              谷川俊太郎

今週もいろいろな人と出会う予感
いろんなあいさつはあるけど
会えたことに感謝して、心をこめて
ごあいさつ

  

  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”微笑み”

  どのような苦しみにも 暖かい微笑を
  どのような悲しみにも 明るい微笑を
  どのような恐れにも たじろがない微笑を
  どのような不安にも 和やかな微笑を
  どのような誤解にも 思いやりの微笑を
  どのような憎しみにも やわらぎの微笑を
  どのような冷たい目にも 親しい微笑を
  どのような裏切りにも 黙って微笑を
                           河野進

どんなときにも 心からの微笑を
どんなときにも 笑顔でいたい
そして
いつも、いつまでもみんなと笑顔で過ごしたい

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

出会えた喜び

今まで、多くの人と出会ってるような気がするけど
実は・・・・

  人が死ぬまでに出会える
  人の数って限られてるんだと思う
  その中で
  出会えた人と遊んだり
  話をする機会も時間も限られてるんだと思う

  だから
  できるだけ多くの人と
  楽しく過ごしたいし
  楽しく話したい。

  そんな気持ちを持って
  人と接していたら
  少しは人に対して
  優しくなれるのかもしれないなぁって思います

今までに出会った人
今日出会った人
これから出会う人とに
出会えたことに、感謝
そして、
ともに出会えたことを喜びたい

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ほほえむひとは

 ぼくは、その人を見るととても心が晴れやかになった。
 いつもその人はニコニコしていた。
 素直なきらきらした心が、ぼくの心に伝わってきた。
 そして、その人から、
 幸せをちょっぴりもらったような幸せな気分になった。
 大げさなことでなくてもいい。
 ほほえむだけでも、人は人に幸せを与えることができる。
 言葉がなくても、幸せを伝えられる。
 こんなぼくでも
 人に幸せを与えられるかもしれないと思った。
 その時からだった。
 言葉の力を借りることなしに、人を愛そうと僕が決めたのは。
 ぼくは、ほほえむ。
 その笑顔は人を幸せにしていく。

 そして、いつの間にか
 ぼくのほほえみが、ぼくの心へも幸せを届け始めた。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

”よき友とともに”

久しぶりに会った友
酒を酌み交わした夜
ふと、思い出した詩

  心からよき友を感じることほど
  その瞬間ほど
  ぴったりと心のあったときほど
  私の心をあたためてくれるものはない
  友も私も苦しみ疲れている
  よいことも 悪いことも知り尽くしている
  それでいて心がかち合うときほど嬉しいことはない
  まずしい晩食の卓をともにするとき
  自分は年甲斐もなく涙ぐむ
  いいしれない愛情が湧く
  永く、心にとっておきたくなる 
                       室生 犀星

ずっと会っていなくても
いつ会っても
いつも”よき友”である君に感謝              
              
       ・・・・・ありがとう

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ