日別アーカイブ: 2013年4月15日

”神の手”よりも”ものさしの手”

天皇陛下の心臓手術を執刀された天野篤先生が
 「外科医の手は人間の手です。
  ”神の手”と言われるような
  不思議な力が宿ってるわけではありません。
 その人間の手をあえて言えば、
 事前に考え抜いたシュミレーションを進めていくための道具
 ”ものさしの手”です」
とおっしゃってました。

 医者の仕事に”神業”はないと思います。
 そして、教科書に載っていることはわずか
 医学の知識は
 日々の診療、患者さんから
 多くのものを教えていただいています。

 教科書に載っていない情報を
 日々に行う治療の中からすくいあげ
 知識として持っていく地道な作業も重要な仕事です。
 腕を磨くにはこの地道な努力を重ねるしかないと思っています。
  そうでなければ、患者さんへの
 ひいては社会貢献はできません

 今日からまた新しい週が始まります。
 今日も受診されたひとりひとりの患者さんに
 誠心誠意、まごころをこめて向き合いたいと思います。
 そして、
 学ばさせていただいた感謝の気持ちを胸に
 全身全霊を込めて治療させていただきます。

 今日も一日、一日
 ”医師道”を極めていくため、頑張ります。

 

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ