月別アーカイブ: 4月 2013

”まごころ”という神様

楽しい誕生日を過ごした後
”神様の質問”が・・・・・

   楽しかったですか
   愛しあいましたか
   許しましたか
   いっぱい笑いましたか
   いっぱい喜びましたか
   ちゃんと「ありがとう」と言いましたか
   ちゃんと「ごめんなさい」と言いましたか
   私がいつもそばにいたのを
   知ってましたか             はせがわ みつる

ふりかえってみると
いつも温かく包み込まれてた気がした
いつも温かい”まごころ”に包まれてた気がした
いつも温かい誰かが
そばにいたような気がした。

僕の神様って、みんなの”まごころ”のことかも

いつも”まごころ”を
ありがとうございます

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

奇跡が感謝に変わる日~IKB48を迎えて~

今日、48回目の誕生日を迎えました。

  生まれたという奇跡
  生まれてきたという奇跡
  出会えたという奇跡
  それは神さまがくれた奇跡

  愛し合えるという奇跡
  支え合えるという奇跡
  許し合えるという奇跡
  それは神さまにお返しする奇跡      はせがわ みつる

今存在していることは奇跡
今健康でいることは奇跡
今ここでしあわせでいるのは奇跡
全ては当たり前でなく、奇跡なんだね

だから
産んでくれた母に感謝
父のこどもであることに感謝
めぐりあえた家族に感謝
日々ともに過ごすスタッフ、友に感謝
そして
このブログを見てる方
出会ったすべての人に感謝

今日はすべての人に感謝の気持ちをお返しする日

”あなたに会えたことに感謝です
 いつも、温かい心をありがとうございます”
 

   IKB48(Ikeuchi Katsuhiko 48回目のBirthday)の日を迎えて

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

遠き日の”存在”

遠き日をふりかえって

  あなたは もしかしたら
  存在しなかったのかもしれない
  あなたという形をとって 何か
  素敵な気がすうっと流れただけで

  わたしも ほんとうは
  存在していないのかもしれない
  何か在りげに
  息などはしているけども

  ただ透明な気と気が
  触れ合っただけのような
  それはそれでよかったような
  いきものはすべてそうして消え失せてゆく     茨木のりこ

その場所で、その時間は確かに
そこに”存在”したはず
その場所で、楽しい時間も確かに
そこに”存在”したはず

でも、今
その”存在”をこの手で感じることはできない

でも、今は、
透明な温かい何かに包まれているのを感じことができる

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

成長痛

“つらいこと”がある時
こう考えるようにしてます。

  人は「うれしい」や「楽しい」だけでは成長しない
  「苦しい」や「つらい」を経験して成長する。
  今が苦しい時なら、きっとそれは成長の証
  人として大きくなろうとしている成長痛
  その痛みは、今は苦しくても
  いつかは必ず自分を助けてくれる力になるはず
  そして、その苦しみを知ったからこそ
  たどり着ける場所があるのだと

今日、何が起きても
”楽しいこと”も”つらいことも”
自らの成長痛そして成長の証
逃げずに受け止めていこうと思います

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

ちっちゃい幸せ

”幸せ”って

  小さなことでもいい
  それに感謝できりゃあ 幸せだよ

  だって小さい幸せって
  いくらでもあるんだよ。
  みんな、幸せのなかに、
  幸せがあると思ってる。
  でも、不幸せなことの隅っこにも
  幸せを見つけられるんだよ。

  幸せは
  見つけられること自体が幸せなんだからね     桜井章一

いつ、どんなときでも
幸せなことって身近にいっぱいあるんだね
毎日ちっちゃい幸せ気づいて生きること
それが幸せってことかも

今日もちっちゃい幸せを見つけて
こころをしあわせでいっぱいにしたい

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

”ツバメ”がやってきた・・・・

病院にも
しあわせの使者”つばめ”が来てくれました

毎日、毎日一生懸命に巣を作ってます。
ちょっと狭い感じがするけど・・・・・
夜は仲良く二人より添って眠っていました。
そして、
昼間は二人でデートでしょうか?
二人仲良く飛んでる姿をよく見かけます。

仲のいいツバメの姿に癒されます。
仲のいいツバメの姿をみていると
ツバメJr.の誕生が楽しみになります

この場所を選んで
巣を作ってくれたこと、うれしく思ってます
しあわせそうな”ツバメ”夫婦が
しあわせを運んできてくれたような気がします。

旅立つその日まで
温かく見守っていこうと思ってます

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

目覚めたその時・・・・

朝、目覚めると・・・・・
こんな気持ちでいっぱいになった

  きょうも一日
  ウソのない生活を
  おくりたいと祈る
  夜、眠るときに
  ふりかえって
  その通りだったら
  ありがとうとつぶやく

  ひとにはやさしく
  自分にはきびしく
  これをつづけると
  白はすばらしい色になる
  ひとをいたわり
  じぶんをきたえる
  これが重なると
  輝きのある色になる      サトウハチロウ

素晴らしい朝を迎えられたことに感謝
希望のある一週間の始まりに感謝

この思いを、みなさんに届けたい
そして、みなさんともっともっと輝きたい

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

”六人の友達”に支えられた一週間

今日で、今週も終わり
この一週間を振り返ると・・・・・

  一、二い、三、四い、五う、六人
  この六人の   友達は
  町の人には   きらわれた
  けれどぼくは  好きだった
  みんなぼくを  好きだった
  いつも  やさしくしてくれた
  いつも  にこにこ手をだした
  すぐに  泣きたくなるぼくを
  いつも  誰かがはげました
  泣いてるぼくを 笑わせて
  出てきた涙を  戸まどいさせた     サトウハチロウ

いっぱい、いっぱいの出会いがあり
友人に、スタッフに、患者さんに・・・・そして家族に
その他たくさん、たくさんの人の
お顔が目に浮かびます
浮かんでは消え、浮かんでは消えるみんなの笑顔
みんなに感謝の気持ちでいっぱいです 
今週出会えたみなさん ありがとうございました。

みなさんにとっても
今日よりも明日がもっと、もっといい一日でありますように

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

医師を支える黄金律

人間の基本は
「人からされて嫌なことを人にしないこと」
だと思います。
そして
人を思いやるということは
その人の立場に立って考えられるということ
自分本位ではなく、相手の気持ちや、
心を考えることだと思います。

同じように、我々医師がめざしているものも  
学会などの評価でなく、
患者さんたちの気持ちの中になくてはならないと思います。

「自分がやってほしくないことは、患者さんにもしない。
 自分がやってほしいことを、患者さんにもしてあげる。」
これが、医師を支える黄金律だと思います。

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

「よく生き、よく老い、よく病み、よく死ぬ」

仏教で言われる人間の苦しみ「生老病死」を
「よく生き、よく老い、よく病み、よく死ぬ」ととらえています
・・・・と日野原重明先生が仰ってました。

老いることはしかたのないこと
また、
病気になるのもやむを得ない場合もあるかもしれません。
ただ、その時に
どんな風に老い、どんな風に病むかで
その人の人生は違ってくるような気がします。
老いる時も、病むときも、
そしていつも、どこでも
人に愛されるような生き方を心がけ
そして、最期の日が来たときは
これまでの人生に感謝して終わることができたら
・・・・・どんなに幸せでしょうか?

日野原先生の言うように
「よく生き、よく老い、よく病み、よく死ぬ」
ことができれば
この世から苦しみがなくなるのかもしれません

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ