月別アーカイブ: 11月 2012

”陶芸の魅力展”~心豊かな時間~

アスピラートで行われていた

”陶芸の魅力展”に行ってきた
幻の西浦焼きから防府の窯元、工芸作家さんの作品が

ズラッと並び・・・・一瞬のうちに目を奪われる

大作から

工芸作家ごとに

美しくも、個性的な作品が次から次にあらわれてくる。

こんな花器、壺が家にあったら
こんな食器でコーヒーを飲んだり、お茶したり
・・・・・
そんなことを独り想像しながら
心豊かな時間を過ごしてた。

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

毛利庭園の紅葉も見頃

身近な紅葉の名所と言えば”毛利庭園”

入口を入ると

鮮やかな
紅葉ロードが続いている

橋のところでは
赤と緑のコントラストが美しい
どこをみても美しい道
そして

一本、一本の紅葉も見事。

毛利庭園に行くまで
紅葉を楽しみ、
風景を楽しみ
木々の見事さを楽しみ
写真と撮ってると
あっという間に時間が過ぎ

次の目的地に行く時間に
肝心の毛利庭園は、次回のお楽しみとなった(涙)

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

倫理経営特別講演会

防府市準倫理法人会主催の
倫理経営講演会が松月で開催されました。

今回
藤麻 功フジマグループ代表取締役会長
の講話が聴けるということで会場いっぱい、140名を超える方が来られました。
そして
翌朝は、場所を変えて
防府グランドホテルで6時からもお話が聞けました

藤麻会長は、80歳を超えてるとは見えないほど元気。
人間関係を良好にするために
 笑顔、挨拶、相手中心に考えることの大切さ
そして
リーダーの条件として
 1全ての責任を負う
 2自分自身が勉強する
 3人生観をもっている
 4トラブルがあった時に解決能力をもっている
 5部下をかわいがる
 6魅力ある人間でないといけない
 7実行力がある
 8社長の仕事は、社員を立派な人間、立派な花嫁に育てること

などなど、歩んでこられた人生で感じられたことを
包み隠さず直球勝負で話されます。

だから、心にストレートに届きます
どれも、どれも納得そして実行していこうと思います
そして、藤麻会長のように、
いつまでも輝いていたいと・・・・・

朝の講演が終わった後
みんなで食事山口の経営者の方と顔を合わせ
ざっくばらんにいろんなお話ができる
この時間もとても有意義な時間

とても有意義な時間をありがとうございました

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

胸水のたまったネフローゼ~時には禁じ手を使ってでも~

今日は山口県立総合医療センターの先生と勉強会。
紹介した患者さんのこと
重症な患者さんを治療した経験など
日頃経験できないけど、
知っておかないといけないことを学ぶ絶好の機会。

今回は

「著明な胸水貯留を来したネフローゼの一例」
ネフローゼとは、浮腫、タンパク尿、低タンパク血症が同時に起こる
原因不明の病気。

今回レントゲンを撮ってみると

両肺が真っ白。
肺炎?胸水?・・・・・こんな時は
横向きになってもらって撮影すると

下にした部分の肺が真っ白
重力の重い胸水だから、下に集まった
胸水がたまってるという診断になりました。

胸にこれだけの胸水があると
息苦しく、酸素テントの中に収容されたそうです。
そしてネフローゼではあまり使うことのない
アルブミンを投与されて
ミルミル内に胸水はひいていき
元気になっていたそうです。

禁じ手を使ってでも治療しなくてはいけないことがある。
結果がわかってるから
冷静に聞いていられるけど
その時の現場は
一分、一秒とても緊迫した状態だっただろう。

患者さんと医師の頑張りに拍手を送りたい。

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

小児科医と耳鼻科医との熱いコラボ

山口県の耳鼻科医と小児科医の先生方が
一緒に勉強するYPOTに参加。

こどもと向き合うことの多い分野
そして
オーバーラップする面も多いので
一緒に勉強しましょうと始まった会。

耳鼻科の先生方からは

頭頚部の診察をレクチャー
現場で活躍している耳鼻科医からの話だけに
教科書からに載っていない
診察の裏ワザを伝授

そして、小児科医からは

いまだ猛威をふるっているマイコプラズマ肺炎について。
難治性マイコプラズマの対応
マイコプラズマ感染が広がらないような登園基準をどうするなど
とても深いところまで話が及ぶ。

診療後にもかかわらず
疲れた顔一つせず
どの先生も真剣そのもの。
でも、お腹が空いては集中できないので

美味しいお弁当を食べながら
・・・・・・・
でも
熱いディスカッションに、箸も止まり止まり。
こども達のための耳鼻科医と小児科医との熱いコラボは
時間を忘れて続いた。

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

吉野ヶ里遺跡でタイムスリップ

吉野ヶ里遺跡公園に行ってきました。
公園内に一歩入ると

弥生時代の日本にタイムスリップ
建物の中では

昔と変わらぬ生活が儀式が再現されていて
自然と弥生時代に溶け込んでしまうほどのリアルさ

公園内の一角にある
ちょっと人工的にもみえるけど、なにやら存在感のある丘を発見。
近づいてみると
この裏に入口があり、中に入ってみると

何代にもわたる、王の墓が発掘された状態のままで保存されてた。
この発見が
吉野ヶ里が卑弥呼の国では?ということになったところ。
ただものではない
立派なお墓であった。
お墓の存在感に
人間の歴史、日本の歴史、戦いの歴史・・・・・いろんな思いが去来する

そして、公園の一角に
とっても美しい

かわいいピンクのそばの花の絨毯を発見
ここで、花を楽しむことだけでなく

石うすで、そば粉にする体験をさせてもらった。
けっこう力いるので、重労働。
そして、できたそば粉は持ち帰ることができる。

吉野ヶ里遺跡でタイムスリップ
むかし、むかし、この場所で
いまと全く違う営みがされてた。
そして、その営みが現在に続いている
その悠久な時間の流れに浪漫を感じた

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

俵山温泉は横綱温泉

初めて俵山温泉に。
温泉街に一歩足を踏み入れると

昭和の香りのする鄙びた温泉街

路地裏に入ると
数え歌を歌いながらてまりをしている女の子に会えそうな・・・・
なつかしさいっぱいの俵山温泉

そして、今回入った温泉は

”白狐の湯”
平成16年オープンなので
街の中ではちょっと浮いた近代建築。
でも、中に入ると

木をふんだんに使った内装に
ホッとした気持ちにさせる
そして

池には大きな鯉が何匹も泳ぐ
立派な日本庭園が
デッキチェアーに座り、一息入れると、また格別。

また肝心な温泉は
100%源泉かけ流し、
温泉らしいヌルヌル感があり
入浴後の体を包み込む温かさ、しっとり感が
なんか、とっても嬉しい。
とてもいい温泉だと思ってると

”温泉番付”なるものが
それによると別府鉄輪温泉を抑えての横綱
鉄輪温泉もいい温泉だったし
確かに
俵山温泉もいい温泉と思ったので
納得の番付

そしてレストランで食べた食事

ごはんがおいしくて、思わずお代わり・・・・・

俵山温泉はとってもいい温泉
穴場のまさに秘湯を見つけた気分
また訪れたい温泉

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

五段の滝の紅葉

日に日に寒さを感じ
深まりゆく秋を肌で感じる毎日。

この時期の楽しみは
やっぱり紅葉
今年の紅葉は一気に寒くなり
美しい見事な紅葉をみせているとか・・・・・

そんな折、俵山温泉の紅葉が始まっている
とのニュースみかけ
早速でかけてみた。

俵山温泉に行くのは初めて
行く道の紅葉は色づき始めってとこだろうか・・・・
でも、どこかにあるはず
見事な紅葉が・・・・・
ニュースの記事を頼りに
俵山温泉界隈を回る
そして、ついに・・・・
木々の脇にちらっと見えた鮮やかな赤色
もしかして・・・・・と
駆けおりるように、川の下流に下りてみるると
確かに、一本だけど
見事な紅葉、小さいけど5つの滝、清いせせらぎついに見つけた
”五段の滝”の紅葉
その美しさに心奪われ
日本の原風景に触れた気がして
日本に生まれたことがうれしく思った瞬間だった。

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

防府市準倫理法人会懇親会~笑顔の訳~

社会勉強とともに自分磨きの場として参加している
防府市準倫理法人会。
この会は、週一回朝6時から

第一線で活躍しているビジネスマン、経営者
その道のプロの濃いい話が聞けるのが魅力
そして、なんといっても
山口県だけでも1000社の
第一線で活躍中の経営者の方が参加しているので
お会いしただけでも、お話しただけでも
参加するたびに
いっぱい、いっぱい刺激をもらえる会。

今回は、そんな仲間と”わりかん”懇親会みんなのとびっきりの笑顔時間が経って2次会”シャンクレール”でも
変わらないみんなの笑顔
みんな輝いてる
お互い刺激して輝きあってるような気がする
だから、
僕も笑顔でいられるような気がする・・・・・

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

漢方でアンチエージング

最後は”補腎剤”についての講義

西洋医学でいう”腎臓”は
血液のろ過装置という面が強いけど
漢方医学でいう”腎”は
現代の腎臓のように水分代謝を主る臓器とも考えられてるけど
「先天ノ本」といい
生まれながらの生命力の物質基礎である貯蔵している。
よって
成長、発育、生殖、老衰、一切の生命現象を支配調節しているところ
と考えられている。
現代でいうDNAや遺伝子も支配している臓器です。

腎の働きが強い人は
老いにくく、老いる速度も緩慢で、寿命も延びる
そんな漢方薬が昔から使われています。

腎の力が弱くなると
 基礎代謝低下、思考力低下、性機能低下などが起こったり
 ろ過機能低下によって全身の水分のバランスが崩れ
 咳、めまい、頭痛、冷え、しびれ、浮腫、腫れ・・・・などの症状が現れる

人間はもって生まれてくるエネルギーは同じ
それをどう消費をするかで
その人の老いの速度、寿命が決まってくると考えられている。
”老い”は昔からの永遠のテーマ
現代でいうアンチエージングは
すでに紀元前8世紀から始まっていた

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ