月別アーカイブ: 11月 2011

裸坊祭~おとなもこどもも血が騒ぐお祭り~

今日のお昼は友人一家とランチ
お気に入りのレストラン”Epi”へ

まず、前菜
前菜だけで、このボリューム。
量だけでなく、どれも美味しすぎ。
これだけでも、満足

そして、メインは

今回は、ステーキをチョイス。
お肉も柔らかくて、あっという間に平らげた。
デザートは

3品ついてて、大満足
これで1380円には、また、またびっくり・・・・

今回、こどもも一緒にだったけど

一品ずつ選んで
オリジナル”お子様ランチ”完成に・・・・
こども達も大満足

デザートは自分たちで作る綿菓子。
作るのも楽しいし、
自分で作った綿菓子を美味しそうに食べてる
・・・・表情が、また、たまらない

美味しい料理を食べながらだし
話も盛り上がり・・・・
楽しい時間はあっという間に過ぎていくもの

満足したお腹を抱えながら
外に出ると・・・・にぎやかな声。

白装束の裸坊さん達にバッタリ、出くわし

”兄弟わっしょい、兄弟わっしょい・・・・”の掛け声とともに
お神輿を担ぐ裸坊さん達
威勢が良くて・・・・思わず一緒に

”兄弟わっしょい、兄弟わっしょい”
それを見ていたこども達も
次第に血が騒ぎだしたのか・・・・・
その後は、ずっと

”兄弟わっしょい、兄弟わっしょい~~~”
と二人で棒を担いで、遊んでた(笑)
お祭りを通して、初対面のこども達も仲良しに
そしておとなも楽しい時間を満喫

おとなもこどもも血が騒ぐお祭りが始まった。

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

藤田弓子さんの講演会~いい顔であるためには~

女優の藤田弓子さん
 「違いを認める思いやり~あなたもわたしも自分らしく~」
の講演会があったので出席してきた。

NHKの「連想ゲーム」で女性陣のキャプテンだった藤田さん
「元気配達人」と言われるだけあって
小気味よいテンポで、元気に話はすすんでいった・・・・・

人間関係がうまくいかないのはなぜ?

誤解を生むのは、やはり言葉と表情
 他人の言ったことは覚えていても、
 自分の言ったことは忘れてしまう。
 人の顔は覚えているけど、
 自分がどんな顔をしているか知らない。
 自分を見つめることで人間関係がうまくいく。

そして、”ときめき”を忘れないことも
 「いつも〇〇に、そしてだれだれにときめいてること」が大事
いつまでも、友だちを作り続けましょう
趣味を持って、名前で呼んでもらえる場所をもちましょう。

自分から”ときめき”を作る方法(言葉)
・・・・・人に言われたらうれしい言葉を使いましょう
 ①ありがとう(感謝の言葉)
 ②ほめ言葉(自分から言うと、相手からも返ってきます)
 ③愛の言葉(夫婦で名前で。名前を呼ばれると、ときめく)

自分から”ときめく”努力をして、
自分に”ときめく”ことも大事

”顔”はとても大事
自分の顔に責任を持って、
そして、表情豊かに生きていきましょう

講演はまだまだ続いたけど
・・・・・診療が始まるので、途中で退席(残念)

でも
人生が輝いていける生き方、ちょっとこんな風に・・・・って
やさしく教えていただいた

ときめいてる時
・・・・「いい顔になってきたね」って言われるそうだ

これからも
いつも笑顔で、友だちをいっぱい作って、
いつもときめいていて
”いい顔”で過ごしていたい

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

トリックアート展はハプニングの連続

アスピラートで開かれてたトリックアート展に行ってきた。
防府でのトリックアート展の盛り上がりはすごく
9時半開場、
9時半に着いたのに・・・・・

すでに3時間待ちの長蛇の列
入場できたのは、12時前

でも、中にはいったら・・・・

かばんを虎に踏みつぶされたり
突然、壁から・・・・恐竜が飛び出してきて、思わず腰をぬかしてしまった。
そして、サメの絵を鑑賞していると絵の中のサメが飛び出してきたので・・・・びっくり
でも、驚かされてばかりでないエサをたべに絵から飛び出してくれたり・・・・
ふれあいがいっぱい

でも、狙われるのは、こどもばかりだけじゃない
おとなまで・・・・絵の中に引っぱられそうになってた。

びっくりすることだらけのトリックアート展
ハプニングの連続だった。

こんな楽しいアスピラートのトリック展が
11/26で終了したのが残念。
次回開催されることを願いつつ・・・・
本日のブログは終了です
 
尚、今回、イメージを伝えるために
   モデル?女優?による
   誇大な表現があることをお許しください(笑)

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

ナギサ珈琲店~大正浪漫の香りに包まれて~

ドライブの途中
お茶しに立ち寄ったのが・・・・

旧日下医院内にあるナギサ珈琲店

店内もやっぱりレトロな感じで、
大正浪漫の漂う店内・・・・・時々隙間風が・・・・・
でも、ひざ掛けがあるから、全然気にならない。

今回注文したのは

甘くて、バニラの香りがたまらないミルクセーキ

ちょっと苦みのあるおとなの”船乗りのオーレ”
チョコレートケーキ、レアチーズケーキをセットで。

栗とリンゴが絶品の季節のワッフル

ここでしか味わえない、味と雰囲気
いつもより、おしゃべりも控えめで
・・・・・ちょっと、ハイカラさん気分(笑)

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

紅葉谷公園で紅葉狩り~日本の四季って素晴らしい~

朝晩冷えてきて、やっと秋らしくなったので
紅葉狩りに出発

今回向かったのは岩国

青い空、透き通った川の水と白波の中の錦帯橋
その美しさに、一瞬言葉を失う。

錦帯橋から散策開始。紅葉谷を歩いていくと・・・
赤、黄色と彩づいていて、キョロキョロ写真になるところで、記念撮影するから・・・・時間がかかるやっとたどり着いた紅葉谷公園
いちょうの木も立派。

そして、よく写真になってる、六角亭へ。
はりきって、カメラを構えたけど・・・・
六角亭の周りの紅葉はいまいちだった(残念)

撮影スポットでない所で
いっぱい、秋を見つけられたので、
満足な紅葉狩りだった。

今更ながらだけど
日本の四季・・・・って素晴らしい。

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

講演会「インフルエンザ:最近の話題」

広島にインフルエンザの講演会に出席広島での講演会に出席することは、めったにないので
・・・・・ちょっと緊張

最初は、昭和大学医学部 臨床感染症学教授
二木 芳人先生の
「インフルエンザ:最近の話題」

2009年大騒ぎになった新型インフルエンザは
インフルエンザ(H1N1pdm2009)となって
通常のインフルエンザに認定に。

現在の新型インフルエンザの世界的状況は・・・・
 ①鳥インフルエンザの発生の報告はあるが、
  抗インフルエンザ薬の早期投与で救命できている
 ②今年9月で、アメリカで新型インフルエンザが報告されたが
  おそらく、流行にはならないであろう
 ③今後、タミフル耐性インフルエンザの流行が懸念され
  新しい薬も開発され、薬の使い分けもできるようになるだろう
以上をDATAを提示されながら、話された。

続いて
九州大学先端医療イノベーションセンター特任教授
池松秀行先生の
「2010-2011シーズン研究成績」の講演

昨シーズンの分析
 ①65歳以上の方では高熱の人が少なかった
 ②抗インフルエンザ薬を早期投与するほど、発熱期間が短い
 ③タミフルの効果は、A型とB型では、B型の効果がやや劣る
 ④タミフル耐性ウイルスの報告もあり、
  このウイルスの増殖に今後注意
 ⑤今年発売された、一回の吸入で効果のあるイナビルについての効果
 ⑥インフルエンザ感染後の二次感染における抗生剤投与について
などなど
昨年の緻密に分析され、今年のインフルエンザ対策につながった

今年は、「イナビル」という新薬も登場している
インフルエンザに対する治療の幅が広がった。

さあ、今年のインフルエンザの作戦は固まった。
どこからでも、かかってこい
・・・・・・・・

でも、奢らず、油断せず
まずはしっかり睡眠、栄養を取り
手洗い、うがい、予防接種をすすめ
何よりも予防が大切。

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

防府”味のおもてなし浜”~おとなも食べたい浜さんのお子様ランチ~

“味のおもてなし 浜”さんで食事する機会をいただいた。
家族で、どんな料理がでてくるか
楽しみ・・・・・

まず、前菜
ひとつひとつが絶品。
味に引き込まれ、次にでてくる料理が楽しみになる。

こどもの前菜
これまた、豪華な盛り合わせ。
2品目は・・・・

お刺身・・・・・これも豪華盛り合わせ。

こどもも刺身がでたけど
その後、次々料理が運ばれて・・・・

ハンバーグに、ステーキに、グラタンに、オムライスに
・・・・・・お子様ランチの豪華パレード
おとなでも食べたくなるメニュー
こどもはずっと、おいしい笑顔・・・・・

おとなは
その後、天ぷら、土瓶蒸し、アワビなど・・・・
季節の味覚たっぷりだったけど
お酒と会話が進んで
・・・・その後の写真は撮ってなく・・・・(苦笑)

楽しい時間は、あっという間に過ぎ
外にでると、シンデレラ状態。

楽しく、美味しい時間をありがとうございました

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

明るい人が人生を切り拓く~今週も笑顔で~

倫理法人会での講演会
 「明るい人が人生を切り拓く」というテーマで
こんな話を聞いた。

人生どうして明るくなれないのか?
人生は①心配性②死という二つの暗い影があるから。
人生を明るくするには、この影を取り除くこと。

心配とは、心を配ること
すべて心配りがないと成り立たないけれど・・・

心配は暗く心を配ってること
すると
心を配ってる側だけでなく
心を配りを受けとる側も暗く受け取ってしまう

過去の心配のため、前に進めないのが後悔
過去の心配を受け止め、一歩でも前に進むのが反省

周りに暗く心を配ると、うるさがれる

思い通りになれなくて心配することは、わがまま
わがままの反対は真心
わがままを取り去る努力をすれば、真心が生まれる。

プラス言葉で生活して
明るく心を配ることが・・・・・明るい人生を切り拓く道

今週もずっと笑顔を忘れずに、過ごそう

講話いただいた、山口秀雄中国四国方面長
今年三回目の講演
毎回、心に染みるお話を聞かせていただいてます
ありがとうございます。

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

ブータン国王夫妻来日~心からの祈り~

ブータンのワンチュク国王夫妻
が福島相馬市を訪れられた。
津波の現場で祈りをささげ
相馬市の小学校を訪問された。

国王がこども達にこんな話をされた
 「ブータンは竜の国という意味です
 みなさんは竜を見たことは、ありますか?
 わたしはあります。
 竜はみんなの心の中に住んでます。
 ”経験”を食べて、どんどん成長していきます。
 みなさんも経験を積んで大きくそして強くなってください」
と、話された。

ブータンの国王夫妻の日本を思う気持ちが
心からの祈りが
短い映像からも伝わってくる
ブータンは親日の国であることは知っていたけど・・・・
こんな心美しい国があったことを初めて知った

そして、とても美しい王妃
その美しさは、
見せかけではなく
内面からくる真の美しさだと思った

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

萩・東光寺~萩は町全体が秋色~

秋の萩の町を散策

訪れたのは
萩藩三代藩主毛利吉就公が建立した東光寺
立派な総門、三門
そして大雄宝殿
毛利氏廟所もお参り
ここは、どこか空気が凛としてるように感じた

東光寺の近くに
吉田松陰先生の生家跡とお墓があるので、お参り

生家跡
ここで、吉田松陰先生は、どんな風に成長されたのだろう

生家そして墓所からは、萩の町全体が見下ろせる
きっと、この光景を見ながら
萩のこと、日本のことを考えられてたのだろう
この場所に立ち、風景をみていると
・・・・未来を思い、描かせてくれるような気がした

今年は秋の訪れはゆっくり
萩の町は、紅葉はなくとも
歴史ある町
秋色いっぱいの町
どこか旅愁を感じさせる町

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ