【真実の医療②:真実の医療はどこに?】

【真実の医療②:真実の医療はどこに?】

病院に行くと

問診があり…
その後、診察
そして必要であれば検査を受け
診断がついたら
お薬をもらったリ、時には手術が必要・・・などの
治療をします。

患者さんの困った症状は
どこからきているのか?
どこが悪いのか?

病気の原因
ターゲットを見つけ
治療する

これが現代医療の中心
西洋医学

原因を探す
科学の力を最大限に駆使するのが
西洋医学のやり方

検査をすることが悪いわけではない
原因を改善するために薬を使う、手術をすることも
患者さんのため

だから、医療者は
時間を忘れ、時にはわが身を削って
患者さんと一緒になって
病気と必死に戦っています

医学は進歩しました。
治らなかった病気も治るようになりました
でも病気はなくなりません。

それは
医者が、悪いのでもなく
西洋医学が悪いのでもない

人間のからだって複雑
現代医学ではまだわからない
手の届かないところがあります

現代医学が
気づかないところに
きっと
大切なこと、
真実の医療があるのだと
僕は思います。

僕が気づいた大切なことを
これから、お伝えしようと思います。

カテゴリー: 真実の医療 | コメントをどうぞ

”出会いは不思議”

ひとりでできることには
限界がある

だけど
みんなで力を合わせれば
どんどん力が出てくる
ひとりではできなかったことも
できるようになる

そして
夢も現実になっていくから

誰かに今出会うってことは
とても不思議

だから
出会いは大切にしないといけない

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

真実の医療:スタートライン

よく聴くこんな話
“病院に行くと、検査、検査だよね”

今の診察って
パソコンの画面と向き合って
患者さんの顔を見ず
患者さんの話を聞かずに
検査、検査、検査

検査結果がでたら
異常値を直そうと治療する
異常値がなければ、大丈夫だという

いつのまにか
医師たちは
検査結果に縛られている。
だから
患者さんは不安になっていく。

こっちを向いてって。

人のからだは
数値だけで測れるものではない。

からだをよく診れば
患者さんとよく話せば
検査に頼らなくても
できることがある。
わかることがいっぱいある

困ってる目の前のあなたと
向き合い
顔を見て
ことばを聞いて
この手で触れて
初めて
医療が始まる

ここが、きっと
真実の医療のスタートライン 

カテゴリー: 真実の医療 | コメントをどうぞ

”変えたいなら”

人を変えることはできない

もし
人を変えたいなら
その人のそばで
自分が輝けばいい

その人のそばで
自分が
輝いてる生き方を見せたら
その人も
きっと変わってくれる

相手に求めるよりも
自分に求める
生き方が大事

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

”川の軌跡”

  悲しい時には泣き
  うれしい時には喜び
  楽しい時には笑い
  憤った時には怒る  心の中は
  いつも小さな出来事に揺れ動く
  それでいいんじゃないかなって思う
  自然に湧き上がる一瞬一瞬の感情は
  今の自分、自分だけのもの
  その小さな出来事を大切にしようと思う

  ただ
  悲しみを持ち続けると妬みに変わり
  喜びを持ち続けると他人を傷つけたくなる
  ひとつの出来事に執着すると
  それは執念にかわる

  だから
  感情はさらさらとながしていこうと思う
  ながれた後の感情は
  川の軌跡となって
  人生をキラキラと輝かせてくれる

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

”どうして生まれてきたのだろう”

毎日、赤ちゃんに会います
毎日、お父さんにお母さんに会います
お父さん、お母さんの
赤ちゃんを見るまなざしは特別です  
赤ちゃんの存在の不思議さを感じます
ふと・・・・・こう思うのです

  ”ぼくは、どうして生まれてきたのだろう?”
  
  ぼくは、気がついたらここにいた
  ぼくの誕生に一切の責任はない
  ぼくは、望まれて生まれてきたのだ

  誰一人自ら望んで生まれてきた人はいない
  誰一人望まれずに生まれてきた人もいない
  ぼく達は、望まれて生まれてきた

  この世に生まれたすべてのものは
  望まれて生まれてきた。
  ”望まれた”ことが、すべての出発点

  だから、
  ”生まれてよかった”という生き方が
  生まれてきたことへの恩返し  

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

”しあわせになるって”

  よく笑う人は よく泣いた人
  よく大丈夫と言う人は よく理解する人
  よく強がる人は よく我慢する人  

  幸せな人は 辛さを知ってるから
  優しくなれる
  強くなれる
  今は幸せになる途中だから辛い
  この「辛」い気持ちに
  幸せになれる
  ひとつずつ、ひとつずつ
  「一」つの欠片を
  足していくのが人生・・・・

なんだと思う

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

”白い花、赤い花”

真っ白い花があるから
赤やピンクの花が鮮やかにみえます。
お互いにひきあって
よりいっそう美しく見えます。

お互いけなしあうことなく
お互いよいところを認め合うと
・・・・・
きっと、
姿、形だけでなく心も美しくなる

あなたがいるから
みんながいるから、
僕は輝くことができる
・・・・・・
そんな気がします

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

”良き友とともに”

久しぶりに会った友
酒を酌み交わした夜
ふと、思い出した詩

  心からよき友を感じることほど
  その瞬間ほど
  ぴったりと心のあったときほど
  私の心をあたためてくれるものはない
  友も私も苦しみ疲れている
  よいことも 悪いことも知り尽くしている
  それでいて心がかち合うときほど嬉しいことはない
  まずしい晩食の卓をともにするとき
  自分は年甲斐もなく涙ぐむ
  いいしれない愛情が湧く
  永く、心にとっておきたくなる 
                       室生 犀星

ずっと会っていなくても
いつ会っても
いつも”よき友”である君に感謝              
              
       ・・・・・ありがとう

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ

”おめでとう”

  けんかをした人おめでとう
  本気でぶつかり合えたってことだから  悪口を言われた人おめでとう
  おんなじように
  自分から誰かを傷つけることはないんだから

  悔しかった人おめでとう
  またがんばれる勇気をもらったのだから

  今日全然だめだった人おめでとう
  明日は今日よりきっとよくなるのだから

カテゴリー: 心の調べ | コメントをどうぞ